森山です。

ZL900の長距離試乗でござりました♪

9月の台風21号が通過した翌日の定休日で
・・・ものすごく暑く風の強い日でしたなぁ~。







a0163159_22065110.jpg
店を出て、保土ヶ谷バイパスから東名高速を走りまして・・・御殿場へ到着♪
・・・「真夏日で超暑い~!」

各部に新品部品を投入でござりますので、慣らし運転も兼ねての走行でござり
3000rpm~4000rpmを多用いたしての走行でした。


























a0163159_22082365.jpg
昼食でござります♪
パスタ食べながらも・・・バイク監視っ!














a0163159_22092915.jpg
御殿場から箱根越え・・・
「箱根山は涼しく25°C!」
・・・バイクも人間も超快調♪














a0163159_22110518.jpg
高速道路、峠道を走りまして・・・
大きな問題も無く快調でござります。

・・・休息中での各部確認っ♪














a0163159_22100704.jpg

前後足廻り系&前後ブレーキ系・・・














a0163159_22102137.jpg
各部作動、各部緩み、フルード漏れ等々・・・















a0163159_22103505.jpg
点検確認でござります。
















a0163159_22104938.jpg
・・・新たなクラッチ系も快調です♪















a0163159_22111908.jpg
・・・リアブレーキ系も快調♪















a0163159_22113376.jpg
・・・エンジン系、燃料系、冷却系もOKっ♪

箱根からは真夏の市街地走行でござり・・・
信号待ち&渋滞路を通過いたしテストいたします。
電動ファンはガンガン回りますっ♪
「真夏日は乗らないほうが良いですなぁ~。」














a0163159_22124066.jpg
無事、お店に到着いたし長距離&各ステージでの試乗完了~♪

試乗は116.4mph(186.24km)走行でした。
(町内試乗と合わせますと210km走行。)
拙者の乗り方&走行ルートでの燃費は14.95km/1L・・・
実際に入るガソリン容量は約11~12Lほどですので、
航続距離は164km~179km・・・
(タンクの装着位置と形状を見ますと、ややタンク前方が上がっており・・・
給油口位置のほうがやや低いのでタンク前方上方には空洞部分ができ
タンク内全容量には入れられない。)

乗り方で燃費は大きく変化致しますからなぁ~。
・・・ぶっ飛ばすと・・・
航続距離100kmチョいかぁ~。














a0163159_22130891.jpg
長い道のりでしたが・・・ようやく納車でござります♪











a0163159_22125430.jpg
エンジン&駆動系&電装系は当時物でござりますので・・・
今後の点検整備といたわりながらの走行もよろしくお願いいたします!

・・・「ありがとうございました♪」




# by moriyamaeg | 2018-10-10 00:14 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。

ZL900のつづき・・・
「ZL900、SPチェック後の各部修理っ♪」・・・最終回。








a0163159_21251817.jpg
前後油圧ブレーキ系と油圧クラッチ系の
新たな部品を揃えましてメンテナンス開始でござりました♪

33年前の当時物部品&古い部品だらけで・・・
フルード漏れ発生・・・今後が無い状態でした。

















a0163159_21451107.jpg
Fブレーキディスクに大きな振れが(曲がり)ござり・・・
交換いたす事となりましたが・・・
純正のFブレーキディスクは販売終了なので
サンスター製(16インチ忍者用)といたします♪
















a0163159_21473553.jpg
・・・・「警告!」














a0163159_21523610.jpg
・・・装着完了でござる♪
















a0163159_21380952.jpg
F油圧ブレーキシステムを外しまして・・・
















a0163159_21391239.jpg
分解いたし・・・

















a0163159_21393378.jpg
丸ごと交換したほうが良いのですが・・・
新品のキャリパーAssyは既に販売終了でござりますので・・・
部品交換いたしてのオーバーホールでござりますっ。
















a0163159_21422060.jpg
キャリパーボディーとブラケットは大掃除いたしての再使用・・・
その他部品は供給がござり新品といたします。















a0163159_21423781.jpg
Fブレーキキャリパーのオーバーホール完了っ。

アルミ製のキャリパーボディーは33年前の当時物で
毎度の腐食発生でござりました。・・・ひとまず使えますが・・・
今後も腐食進行はござりますので、車検ごとの分解点検整備は必項ですぞ!
















a0163159_21433213.jpg
新品のFブレーキマスターシリンダーAssy(他車流用)でござる。
・・・「耐久性&信頼性のござる新品Assyが一番です♪」
















a0163159_21525334.jpg
Fブレーキホースラインも純正部品は販売終了でござりますので・・・
高耐久なステンレス製バンジョウ&バンジョウボルトを使用して
新たなホースラインを製作いたします♪

















a0163159_21531178.jpg
純正と同じレイアウトの3本引きでござり♪
















a0163159_21532824.jpg
新品FブレーキマスターシリンダーAssyを装着いたし・・・
SUS製ホースライン装着っ♪
















a0163159_21535489.jpg
左右FキャリパーAssy装着いたし・・・
SUS製ホースライン装着っ♪















a0163159_21434907.jpg
お次は、油圧クラッチ系でござりました。
・・・新品クラッチマスターシリンダーAssy装着いたし、
SUS製ホースラインを製作&装着っ♪
















a0163159_21440654.jpg
クラッチレリーズシリンダーAssyは・・・
社外品の新しいものが装着されておりましたが・・・
古いマスターシリンダー&ホースラインで作動させておりましたので・・・
内部に汚れ混入の怖れがござりますので・・・分解点検&清掃しました♪
(案の定汚れ混入しておりました。)














a0163159_21254583.jpg

お次は、R油圧ブレーキシステムでござる。

こちらもF油圧ブレーキシステム同様で・・・
当時物部品だらけ&古い社外ホースラインです。















a0163159_21265398.jpg
RブレーキマスターシリンダーAssyです。
右旧。・・・ボロボロっ。
左新。・・・新品Assyでござり耐久性と信頼性ゲットでござる♪














a0163159_21270770.jpg
Rキャリパーでござります。

Fキャリパーと同様で、色が塗ってあるだけ・・・
肝心な中身は古く限界でござる。















a0163159_21272423.jpg

ピストンに付くインシュレーターが・・・劣化で超変形っ。
とんでもない事になっております。

古代のインシュレーターはベークライトかなぁ・・・モロイです。















a0163159_21275417.jpg
RブレーキキャリパーAssyも販売終了でござりますので・・・
オーバーホールでの対処でござりました。
(キャリパーボディーの程度が悪く再使用できない場合は、ドナー探しでござる。)
















a0163159_21302808.jpg
新たなピストンでござる♪


















a0163159_21315243.jpg

現代のインシュレーターは丈夫な素材となっております。















a0163159_21304613.jpg
純正品のブレーキパッドを使用致します。

パッドに説明書(注意書き)が付属っ・・・
















a0163159_21311904.jpg
・・・「警告!」















a0163159_21313800.jpg
開口型ピストン・・・不可!
インシュレータ付きピストン・・・可!
















a0163159_21320977.jpg
Rブレーキキャリパー・・・オーバーホール完了♪














a0163159_21322953.jpg
新たなRブレーキマスターシリンダーAssy装着・・・















a0163159_21330147.jpg
リザーバータンクも新品といたします。
















a0163159_21331680.jpg

RブレーキキャリパーAssy装着。
SUS製ホースラインを製作&装着っ。

その他関連作業遂行いたし・・・油圧系各メンテ無事完了♪












a0163159_21541366.jpg
「いやぁ~、長かったなぁ~!」・・・ZL900の全作業完成です♪101.png

今回の修理内容はスペシャルチェックで評価の悪い(5段階評価で1)部分で
「既に壊れている部分のみ」の修理&メンテでござりました!
これで全て良しではござりませんので・・・あしからず。
現状、古い部品で機能している部品達はもれなく再使用でござります。
エンジン系、電装系、リア足廻り&駆動系等々の大半は当時物なので
今後の定期点検整備と旧車の取り扱いや乗り方を実施しなければなりませんし・・・
残された余命が全てでござります。















a0163159_22172457.jpg
長い目で見ますと・・・気になる部分は他にも色々ござり・・・
さらなるコストがかかりますので・・・
ひとまず現状で使えるものは使いまして・・・
今後出るトラブルは都度の対処修理かメンテ遂行といたします。















a0163159_21582224.jpg
2度目の町内試乗でござり・・・
各部確認しながらのテストランっ。















a0163159_21563898.jpg
まだまだ暑い9月でござりました。
















a0163159_21573574.jpg
町内試乗も無事終了いたし・・・
天気の良い日に長距離試乗でござります。

・・・つづく。








# by moriyamaeg | 2018-10-04 22:26 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。

ZL900のつづき・・・








a0163159_23405942.jpg
新品部品をセットいたすと・・・回転不良でござりました。
「まさにデフレが原因か?」

交換部品の点検です。
スペーサーとスラストニードルベアリングは合格っ。













a0163159_23421596.jpg
となるとオペレーテイングプレートですなぁ。
旧の厚さは・・・













a0163159_23413758.jpg
3.87mm。












a0163159_23384139.jpg
新品の厚さは・・・











a0163159_23425233.jpg

4.07mmでござり・・・・(0.2mm厚い)
これが回転不良の原因でした。













a0163159_23391615.jpg
内側は機械加工・・・














a0163159_23401348.jpg
外側は鋳肌のままでござりますので・・・
ちょい削りを繰り返しまして
スムーズな回転となるまで外側を研削いたします。














a0163159_23432781.jpg
無時、研削完了♪













a0163159_23443154.jpg
レリーズベアリング装着いたし・・・
スムーズにEクリップも装着できまして・・・♪













a0163159_23451258.jpg
スムーズに回転いたします♪
・・・「これも拙者の仕事でござる。」













a0163159_23453256.jpg
クラッチハウジング&ハブを組みたてまして・・・












a0163159_23455205.jpg
新たなフリクションディスク&スチールプレートを組みつけます。













a0163159_23461450.jpg
湿式でござりますので、エンジンオイルに漬けてから
組み付けます。














a0163159_23471419.jpg
・・・クラッチ系完成でござる♪
「部品が入手でき本当に良かったです。」















a0163159_23473491.jpg
お次は、ジェネレーターチェーン系のメンテでござる。
左新。
右旧。















a0163159_23491084.jpg
「ジェネレーターチェーン」
左新。・・・プレートの多い強化タイプを使用いたします。
右旧。・・・細い初期型タイプは既に販売終了でござる。













a0163159_23512896.jpg
幅広のチェーンに合わせて・・・
チェーンスライダーの幅も広くなっております。
左新。
右旧。














a0163159_23505001.jpg
スプロケットもチェーンに合わせて交換します。
左新。・・・幅が広い。
右旧。・・・幅が狭い。












a0163159_23494967.jpg
で・・・カップリングダンパーも容量アップの強化品となっております。
左新。
右旧。












a0163159_23483140.jpg
内部に装着されるダンパーラバーでござり
左新。・・・デカくなり容量アップ♪
右旧。・・・33年もので超カチカチ145.png














a0163159_23521011.jpg
チェーンテンショナーも各部進化でござる。
(忍者系エンジンは販売期間が長く歴史がござり
初期型と最終型では各部進化しております。)














a0163159_23530418.jpg
ジェネレーターチェーン系を組み付けまして・・・













a0163159_23533567.jpg
クラッチカバー装着いたし無事完成でござりました♪













a0163159_23535356.jpg
で、・・・
反対側にあるジェネレーターにもカップリングダンパーがござり
・・・もちろん超カチカチなので交換します。













a0163159_23542795.jpg
ジェネレーター側のダンパーラバーです。
左旧。
右新。











a0163159_23551202.jpg
左旧。・・・超カチカチ。
右新。・・・形状進化しております。












a0163159_23560885.jpg
ダンパーラバー交換完了♪101.png













a0163159_23563170.jpg
お次は・・・油圧系メンテナンスでござる。
フロントキャリパー、フロントホースライン、パッド&ディスク・・・














a0163159_23584845.jpg
フロントマスターシリンダー・・・














a0163159_23581310.jpg
リアキャリパー、リアホースライン、パッド・・・













a0163159_00012080.jpg
リアマスターシリンダー・・・
クラッチレリーズ、クラッチホースライン、クラッチマスター等々・・・
最悪の状態で全滅でござる。
(販売終了部品だらけですので他車流用&社外部品での対処でござりました。)

・・・つづく。









# by moriyamaeg | 2018-09-30 21:52 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。

ZL900のつづき・・・
クラッチ編です。







a0163159_17123888.jpg
クラッチフリクションディスクは・・・劣化。
クラッチスチールプレートは・・・錆び。












a0163159_23315219.jpg
クラッチハブ系各部品は・・・OK♪


シャフトドライブ化でござり・・・減速時・・・
急激なシフトダウン&クラッチ操作による
リアタイヤの滑り&駆動系部品へのストレス防止で
バックトルクリミッター装備でござります。













a0163159_17152083.jpg
で、・・・クラッチハウジング系でござる。














a0163159_17145790.jpg
クラッチハウジングにあるドリブンギアのセンターブッシュ(すべり軸受け)が
摩耗いたしクリアランス過大(限度値越え)・・・
交換でござる。

古くて傷んだオイルですと油膜切れを起こし早期摩耗いたします!
また腐食の原因にもなります!
オイルの質と交換サイクルは重要ですなぁ~。

良く見るとブッシュの一部が・・・
















a0163159_17132847.jpg
センターカラー(軸)側にくっ付いておりました!
・・・長期放置での電界腐食かっ?















a0163159_17155230.jpg
で・・・・
ハウジングのクッション系も死んでおり・・・
スプリングは遊んでおり各部摩耗いたしておりました。















a0163159_17153840.jpg
・・・異音発生源はガタガタのクラッチハウジングでござりました。














a0163159_23284017.jpg
クラッチ系、冷却系、足廻り系各作業の同時進行でござり・・・
錆びたフロントフォークインナーチューブ(販売終了部品)の
リビルド(再メッキ)に時間がかかりますので・・・
その間に、販売終了のクラッチハウジングを探しまくりましたぁ~。144.png

で・・・・・














a0163159_23293597.jpg
・・・なんと「新品ゲット♪」













a0163159_23323207.jpg
これがなければ先がないので・・・「良かった♪良かった♪」

















a0163159_23321251.jpg
・・・これで無事復活でござります♪














a0163159_23330888.jpg
新旧クラッチハウジングでござる。
左旧。・・・1985年の当時物(初期型)。
右新。・・・2017年まで部品供給の最終型。
比較しますと微妙に形状が変化しておりますっ。













a0163159_23372598.jpg
センターカラーも交換いたします。
左新。
右旧。















a0163159_23325205.jpg
・・・必要な部品が揃いましたなぁ~♪















a0163159_23333064.jpg
バックトルクリミッターのリーフスプリングでござります。
左旧。・・・シングル
右新。・・・ダブル(部品統合)










a0163159_23360395.jpg
形状&枚数が違いますが・・・
基本性能は同じで、新たなダブルのほうが折れにくい。














a0163159_23364573.jpg
旧クラッチオペレーテイングプレート&レリーズベアリングでござる。














a0163159_23362951.jpg
こちら、新たな交換部品でござる。















a0163159_23393570.jpg
レリーズベアリングセットいたし・・・















a0163159_23395420.jpg
オペレーティングプレートに装着!・・・「ありゃ?」
装着不可でござる!
(Eクリップを差し込みますとベアリングがまともに回転しないのです。)















a0163159_23403417.jpg
・・・新旧各部品ひとまず点検測定でござりました。













a0163159_23421596.jpg
新旧オペレーティングも・・・

つづく。



# by moriyamaeg | 2018-09-28 20:03 | 整備編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg