カテゴリ:足廻り編( 58 )

森山です。

久方ぶりのブログ更新でござる~。

先日・・・
24年間、快調な日々が続いておりました
当店、富士エアーコンプレッサーNLP-3(1995年購入)でしたが・・・
遂に本体側空気タンクに内部腐食進行での小さな穴が開きました~♪
(針の先ほどの小穴に水滴がござり、前回点検時には無かったのです。)
日々の水抜きはいたしておりましたが、遂に貫通での老体寿命でござるっ。

腐食での穴開き・・・内部はボロボロでしょう。
「応急処置的な修理じゃなぁ」・・・で、
「正しく修理の新品交換ですな」と必要部品注文っ!
・・・残念ながらほとんどの部品が生産中止での在庫無し!
後継モデルのタンク図面を確認いたしましたが厳しいサイズでござる~。
「毎度のことながら部品の生産中止は辛い事だらけですなぁ~。」
短命ですが応急修理か・・・
ハイコスト覚悟で各部含めて本気で直すか・・・
新しいコンプレッサー買うか・・・
でござります♪
「設備や工具も摩耗や劣化や腐食での寿命はござり」
いずれにしてもコストがかかりますのでお金を貯めなきゃですなっ。




a0163159_22052016.jpg
ビトーR&Dマグタン、オーリンズリアショック、シートレールでのケツ上げ等々、
完了いたしたA16のつづき(最終回)のレポートでござります。















a0163159_20504654.jpg
ケツ上げ前の図・・・ビフォ~。

a0163159_22050308.jpg
シートレール加工でケツ上げの図・・・アフター。













a0163159_22073471.jpg
車検点検整備作業もござり♪
薄汚れたフロントブレーキキャリパー・・・














a0163159_22075367.jpg
大掃除&メンテでござる。
















a0163159_22063888.jpg
リアキャリパーも大掃除いたしまして・・・














a0163159_22071212.jpg
各メンテでござります。














a0163159_22533269.jpg
スパークプラグも交換で・・・














a0163159_22550259.jpg
各部点検いたし・・・














a0163159_22553851.jpg
燃料系各部点検いたし・・・
エアーフィルターです。













a0163159_22560403.jpg
エアークリナーBOXの吸入口より
勢いよく吸われた空気がぶつかる位置・・・ひどく汚れますっ。












a0163159_22552100.jpg
反対側の上方も汚れており空気の流れがよくわかります。

ひとまず清掃かと・・・














a0163159_22562261.jpg
BOXとフィルターの接合部分・・・
ダストがスルーしないようにスポンジが張り付けてありますが・・・















a0163159_22564669.jpg
ペロリンでござる。
再接着での使用とのことですが・・・












a0163159_22571234.jpg
エアフィルター本体の変形もござりますので・・・今回は交換いたします。

上:新品。
下:旧。













a0163159_22573143.jpg
で、新品でござるが・・・点検っ。
良く見ますと接着不良気味。














a0163159_22575201.jpg
確実に接着されておりませんので・・・
ずれたり破れたりでは困りますから・・・














a0163159_22581220.jpg
拙者、確実に接着し直します♪

旧車ともなれば、BOX側の変形や形状バラつきもござりますので
各部確認しながらの確実な組み付けは必要でござります。
















a0163159_22585153.jpg
冷却水(LLC)交換♪

その後、各作業は続きまして・・・車検完了っ♪













a0163159_23010828.jpg
最後に、サス調整&試乗いたし・・・無事完成でござりました♪

「S殿、ありがとうございました!」


by moriyamaeg | 2019-08-31 01:34 | 足廻り編 | Trackback | Comments(0)
森山です。

A16のつづき・・・





a0163159_21554440.jpg
フェンダーレスKIT装着完了いたし・・・














a0163159_21593910.jpg
外装の装着でござります♪

その前に・・・
純正リアフェンダーに付くナンバー灯、
フェンダーレスとなればナンバー灯レスとなるので
・・・ナンバー灯が必要でござる。














a0163159_22001325.jpg
テールレンズの下側がクリアーであればいいのですが・・・
純正レンズは全て赤でござる。














a0163159_22042547.jpg

テールランプAssyを外します。














a0163159_22040567.jpg

テールランプAssyは樹脂製ブラケットを介して
5本のタッピングスクリューでテールカウルに固定されます。

・・・既に、テールカウルのスクリュー穴が傷んでおりますなぁ~。
スクリューの締め付けトルクと経年劣化によるクラック発生でござり
・・・決して強く締めてはいけませぬ!
いずれにしても古くなった樹脂は劣化進行しておるので取扱い注意でござります。
同じく、サイドカバーの割れ&突起部折れも定番のトラブルでござり
良く割れますなぁ~。
(腫物を触ると同じでござるが、割れる時は簡単に割れます。)












a0163159_22003088.jpg

下側がクリアーとなっておる車検対応テールレンズを装着いたします♪














a0163159_22022189.jpg

・・・右側バルブが切れており、
左右とも新品バルブといたします。













a0163159_22023874.jpg
テールレンズ交換完了。

・・・その後も各作業が続きまして・・・














a0163159_22050308.jpg

全外装の装着完了っ♪・・・「各部ちり合わせ作業が最も大変でしたなぁ~。」
・・・これにて、ケツ上げ完成!

チタンの集合管以外は、ほぼノーマルのA16でしたが・・・
マグタンとケツ上げとフェンダーレスは効果絶大!雰囲気は大きく変化っ♪
しながら、純正スタイルはキープでござり
純正ステップ系&セパハン&センターカウル&アンダーカウルを残した
ほどよきカスタムでござります♪
















a0163159_22052016.jpg
お次は、車検点検整備でござり。

・・・つづく。





by moriyamaeg | 2019-08-04 00:29 | 足廻り編 | Trackback | Comments(0)
森山です。

A16のつづき・・・
フェンダーレスKIT取付け&サイドスタンドでござります。









a0163159_21481639.jpg
当店、フェンダーレスKIT(ブラックアルマイト)の装着♪

強度・精度・機能を重視した設計で
17インチにも18インチにも装着できます。












a0163159_21483315.jpg
横板の本体に・・・縦板のブラケットを左右装着いたしますので
高強度となります♪

また、前後左右上下方向への微調整が出来ますので
シートレール(溶接組立でやや精度が悪い)への追従が良く
芯出し可能でござり・・・
無理な力がかからず&ベストな位置での装着ができます♪














a0163159_21485329.jpg
仮組みいたし・・・(スライドできるように・ボルト&ナットは緩めで)














a0163159_21500033.jpg
シートレールへ・・・装着開始でござる。
後方固定の左右ボルトを通しまして・・・







a0163159_21492630.jpg
前方固定の左右ボルトも通し・・・














a0163159_21494457.jpg
スプリングワッシャー&ナットを取り付け仮組み・・・













a0163159_21501754.jpg
後方固定の左右ボルトにナンバー台をセットいたし・・・
スプリングワッシャー&ナットを取り付け(仮止め)ます。













a0163159_21503415.jpg
全て仮止めのボルト&ナットですので・・・ベストに
芯出しいたし位置決めいたします。














a0163159_21505116.jpg
位置決めしましたら締める順番を考慮しながら、
数回に分けて締め付けていきます。













a0163159_21545120.jpg
最後にリフレクターの装着っ♪
裏側からM5のナット固定でござります。












a0163159_21533323.jpg

付属の小物入れケースでござり・・・
















a0163159_21541243.jpg
工具や書類入れとして使えます♪















a0163159_21554440.jpg

フェンダーレスKIT完成♪












a0163159_21454706.jpg
お次は、サイドスタンド・・・

17インチ化にともないリアの車高は標準値より上げます。
すると・・・サイドスタンド長不足となり
駐車時に車体が傾きすぎるので対策でござる。














a0163159_21443771.jpg


また、スタンド長だけでなくフレーム側とのガタや摩耗や変形も
傾きに大きく影響しますので修理&対策♪










a0163159_21453039.jpg
各トラブル防止の為、ボルトオンのサイドスタンドストッパーは外しまして・・・
確実なダイレクトTYPEのストッパーを製作&溶接♪












a0163159_21445536.jpg

見た目&機能は、純正サイドスタンドが一番なので・・・
純正オリジナルを改良♪
各作業は続き・・・









a0163159_21451371.jpg

無事、完成でござりました♪




・・・つづく。

by moriyamaeg | 2019-07-31 01:44 | 足廻り編 | Trackback | Comments(3)
森山です。
台風接近により、外気が超高湿度(90%以上)で息苦しい。
・・・「バイク、部品、工作機械、各種工具等々が錆びる~!」
湿気は大敵なので、
エアコン&除湿機をフル稼働いたし工場内湿度40%台キープ・・・
営業終了後もエアコン&除湿機はON♪(この時期は24時間稼働でござる。)










a0163159_21462256.jpg
A16のつづき・・・
「長加工でござる。」














a0163159_21463817.jpg
「目標の位置までヤスリがけいたし」

















a0163159_21465490.jpg
「ジャストでござりますっ♪」

ケツ上げも、上げ過ぎますと・・・
長穴は長くなり、最終的にはエンド解放・・・
ブラケット強度は落ち、ボルト固定能力も低下でござる。
・・・ケツ上げもほどよき位置といたしましょう。
(限度越えの場合はブラケットワンオフ製作&溶接ですな。)

















a0163159_21471032.jpg
「ボルト固定完了~♪」
・・・左右4本しっかりと固定でござる。
















a0163159_21472797.jpg
「シートレール完成♪」

タンク位置、サイドカバー位置、シート位置、その他を
考慮いたしての程良き位置でござります。













a0163159_21474301.jpg
オーリンズリアショック・・・別体タンク装着作業♪
















a0163159_21475966.jpg
その後、シートレール系各部品の装着でした。














a0163159_21481639.jpg
純正のリアフェンダーは外しまして、
当店フェンダーレスKITを装着いたします。

・・・つづく。









by moriyamaeg | 2019-07-21 02:04 | 足廻り編 | Trackback | Comments(4)
森山です。
「毎日、雨・・・」
高温多湿でござり、腐食との闘いでござりますなぁ~。



A16のつづき・・・






a0163159_22115026.jpg
スイングアーム系完了いたし・・・
リアホイール系の装着開始でござる。















a0163159_22120488.jpg
今回、ドライブチェーンは軽量化と低フリクション化の為♪
530から520へサイズダウンでござるが・・・
チェーン強度は最重要項目でござり(安物チェーンは危険!)
・・・強度確保の為、DID製520ZVMといたします。

マグタン装着時のFスプロケットは8mmオフセットが指定でござり・・・
サンスター製(520-17T・8mmオフセット)を使用いたします。















a0163159_22124640.jpg
で、・・・採寸&加工&製作でござり~♪
全てがボルトオンではござりませんのであしからず♪
純正スイングアームでも、社外スイングアームでも・・・
各部採寸&点検測定からの各部対策作業は必要事項でござります!
マグタンは純正スイングアームへのボルトオン装着はできません。

また、他メーカーホイールや社外スイングアーム等の使用であっても
採寸&点検測定&対策作業は必要事項です!
・・・重要保安部品、一手間かかりますが安全の為でござる♪



・・・つづく。



by moriyamaeg | 2019-07-04 22:46 | 足廻り編 | Trackback | Comments(0)
森山です。

A16のつづき・・・




a0163159_22075411.jpg
フロント完成いたし~♪
お次は、リア足廻り・・・関連部品を分解いたします。















a0163159_22082523.jpg
ピカピカの純正スイングアーム♪
・・・当店チェーンケースが装着されておりました。
今回のワイドホイール化でチェーンケースの本領発揮でござります♪


純正チェーンケースは、樹脂製で前後ボルト固定だけではグラつくので
裏手にステーがござりはめ込み式となっており・・・
ワイドホイール装着時には使用できませぬ。
当店チエーンケースは、ワイドホイール&チェーンオフセットに対応する
形状で材質をアルミ製といたして前後ボルト固定仕様としております。
(ノーマル車両でも使用可能、色はブラックとシルバーがござります。)












a0163159_22080970.jpg
ワイドホイールといたしますと裏手のステーは邪魔となりますので・・・
カットいたします。












a0163159_22085604.jpg
ステーをカット致し・・・スイングアーム系&サスリンク系の大掃除遂行でした♪














a0163159_22083918.jpg
純正スプロケット外し、オフセットスプロケット装着しますが・・・
各部汚れておりますので・・・
















a0163159_22091213.jpg
・・・大掃除遂行でござる♪












a0163159_22102910.jpg
純正リアショックを外し・・・














a0163159_22094171.jpg
オーリンズ製リアショック(17インチ用)といたします。














a0163159_22104571.jpg
装着開始でござります。
確実な作業遂行・・・あれこれとやる事が多いのでござる~。














a0163159_22113532.jpg
・・・つづく。







by moriyamaeg | 2019-06-27 10:22 | 足廻り編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
A16のつづきでござり・・・






a0163159_22033476.jpg
「マグタン」でござります♪
ビトーR&D製「マグネシューム鍛造ホイール」♪
「MADE IN JAPAN」♪
「高品質、高性能、高耐久」♪
3拍子揃ったマグネシューム鍛造ホイールでありながら
価格は良心的!・・・「マグタン」は世界一のホイールでござる♪













a0163159_22035817.jpg
フロント:3.50-17
リア:5.50-17














a0163159_22045136.jpg
・・・Fホイールから作業開始~。















a0163159_22052540.jpg
純正ホイールからFブレーキディスク外し・・・















a0163159_22050850.jpg
マグタンへ装着でござる。

前後タイヤは新品といたします。
・・・イギリス製「AVON 3Dウルトラ」でござります♪















a0163159_22065643.jpg
Fホイール左側あるスピードメーターギアAssyでござる。・・・













a0163159_22054096.jpg
Fホイールの回転をスピードメターギアAssyに伝える
スピードメーターレシーバー♪

・・・加工しての装着指定でござります。
ホイール側の2つの爪を平らに伸ばしまして・・・外周と角を加工いたし
ホイール側溝にあわせます。















a0163159_22055743.jpg
レシーバー装着部の形状が純正とは異なる形状なのです。













a0163159_22064348.jpg
純正ホイールにあるレシーバーのクリップ固定はベアリングの大径化により
キャンセル(クリップ溝無し)されております。

・・・タイヤ交換等でのFホイール脱着時には、
レシーバー奥にあるアルミスペーサーの紛失に注意でござる!














a0163159_22062852.jpg
レシーバーの奥に、位置決め用アルミスペーサーがござりっ。

レシーバーもアルミスペーサーもフリー・・・
固定されておりませんのでメーターギア外しますと
レシーバーはオイルシールのあるメーターギア側にくっ付いて外れますが・・・
アルミスペーサーはポロリしやすく紛失注意でござる。














a0163159_22061270.jpg
Fタイヤ&Fブレーキディスク装備完了♪
・・・バランス取りでござる。

各部下準備完了いたし・・・













a0163159_22071031.jpg
組み立て完了でござりまする。
黒いマグタン・・・
黒いブレーキインナーディスク・・・
黒いFフォークボトムケース・・・
黒いFブレーキキャリパー・・・
・・・「バランス良きコーデでござりますっ♪」


つづく。





by moriyamaeg | 2019-06-24 21:53 | 足廻り編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
お久しぶりでござりますっ♪

ほぼ1か月ぶりの更新でござりますかぁ~。
工具探しと鳩の世話に明け暮れておりましたぁ~。(笑)
「工具も奥が深く・・・
鳩も奥が深く・・・」




a0163159_22041692.jpg
本日、作業中のS殿号!
GPZ900R・・・車検点検整備でござります♪














a0163159_22043533.jpg
S殿号は、最終型のA16(ファイナル エディション)でござります。













a0163159_22030883.jpg
同時装着の部品が揃いましたので作業開始!

ビトーさんちのマグタン。
オーリンズ リアショック。
520サイズのチェーン&スプロケット。
フェンダーレスKIT。
ドライブチェーンローラーKIT。
でござります♪


・・・つづく。






by moriyamaeg | 2019-06-22 22:31 | 足廻り編 | Trackback | Comments(0)

スズキ「隼」のメンテ

森山です。
スズキGSX1300R「隼」の前後足廻りメンテナンス♪




a0163159_22322051.jpg
前足廻りの分解点検整備・・・各部分解っ。















a0163159_22324001.jpg
フロントフォーク系、ステアリングステム系、フロントホイール系、
その他、点検&メンテいたします。












a0163159_22454844.jpg
・・・フロント足廻り無事完了♪














a0163159_21354109.jpg
後足廻りの分解点検整備・・・各部分解っ。















a0163159_21352191.jpg
スイングアーム系、リンク系、リアショック系、リアホイール系、その他
点検&メンテいたします。・・・安全&高性能&高耐久維持のためでござる♪

知らず知らずガタガタになるまで走行&放置いたしてからのメンテでは
交換部品に大物が出るし数も大量となりハイコストとなる・・・
交換部品を妥協しますと性能は落ちる・・・
・・・ですから定期でのメンテが一番なのです♪







by moriyamaeg | 2017-10-24 20:50 | 足廻り編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
Z1改のつづき・・・





a0163159_23184394.jpg
タコメーターのリビルド完成いたし♪
実走での最終キャブレターセッテイングも完了♪

その後、突然のオーバーフロー発生!
タンク内のゴミがオーバーフローの原因でござり、ガソリンタンク内の大掃除遂行でした。
「新たな部品(ガソリンタンク)までも・・・もれなくメンテっ。」











a0163159_23190256.jpg
フロントブレーキ・・・・もう少し効くように















a0163159_23201361.jpg
・・・ブレーキパッドを交換いたします♪
左が新たなカーボンシンタードメタル・・・
右が旧の標準パッド・・・














a0163159_23191987.jpg
モリワキKYB 36mmフォークでござり。
フロントフォークも仕様変更でござる~。













a0163159_23194351.jpg
柔らかいダブルレートのスプリング(乗りごこち重視)で・・・
不足部分はエアー加圧のエアーサスでござり(エア圧は指定1.0キロ)
エアー加圧の依存度が非常に高いフォークなので・・・
エア圧が落ちると沈み込み過大で・・・すぐにフルボトムでござる。
金属バネだけでは役不足、適正エアー圧(空気バネ)との併用でござります。
・・・減衰もチョいと効きすぎでござる。
スプリング系とオイル系をいじりまして空気バネの依存度を減らします♪
・・・フォークをいじっておりますと・・・リアショックの動きも気になりますなぁ。

ノーマル車両で部品(純正)を交換&装着いたし場合、大幅な調整や改造を
いたす事はまず無い。
カスタムや改造で部品(社外部品等)を交換&装着いたしたら、バランスが
崩れポン付けでは済みません。・・・そこからの調整や相性や何かとござるのです。
「絵に描いた餅」じゃ気持ちよく走れません。









by moriyamaeg | 2017-06-20 23:22 | 足廻り編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg