<   2018年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

森山です。
2013年6月25日~2013年11月3日で
エンジンオーバーホールその他をレポートいたしたCBX550Fでござる。
あれから・・・5年も経つのですなぁ~。

N殿のCBX550F改・・・「CBX550R」でござりっ♪








a0163159_20415651.jpg
あれから外装のカラーリング等々・・・変更いたしております♪
今回は、オイル交換・燃料系メンテ・パワーチェック・前後ブレーキ系
のメンテナンス♪

ダイシンカウルでござり・・・
デュアルヘッドライト(丸目二灯)が懐かしいですなぁ~。
後方に写るはGSX-R750・・・









a0163159_20421279.jpg
丸目二灯といえば、80年代中盤のGSX-Rシリーズですなっ。
S殿のスズキGSX-R750・・・只今、車検点検整備中でござる♪












a0163159_20422855.jpg
アルミフレームの超軽量スパースポーツ♪・・・未だ現役でござります!

・・・つづく。






by moriyamaeg | 2018-03-31 20:58 | 整備編 | Trackback | Comments(2)
森山です。

DUCATI M900 エンジンオーバーホールのつづきでござる。




a0163159_21331968.jpg
クランクケースの各ベアリング交換いたし・・・
ベアリングだらけでござります。





a0163159_21340838.jpg
ミッション系&クランク系の各シム調整いたし・・・












a0163159_21350887.jpg
・・・クランクケース組み立て完了でござる♪












a0163159_21365916.jpg
当時物クランクケースの塗装がヤレて剥がれもござりましたので・・・
チョいと化粧でござりました♪












a0163159_21371711.jpg
・・・化粧ですからおまけでござる♪













a0163159_21384329.jpg
新たなシリンダースタットボルトでござり・・・














a0163159_21390208.jpg
上が旧。
下が新。
旧は上から下まで同寸でストレスがネジ部と胴部の境目に集中でござるが・・・
新はネジ部は同じですが胴部分がウエスト加工されて細身となりストレス分散ですな。











a0163159_21423316.jpg
新たなスタッドボルト装着完了♪












a0163159_21431735.jpg
クラッチドリブンギア系のメンテナンス♪
・・・各部品を交換いたします。











a0163159_21443671.jpg
RH側の各部品を組み立てまして・・・















a0163159_21445509.jpg
LH側の各部品も組み立てていきます。
















a0163159_21451295.jpg
セルモーターは交換でござりました。














a0163159_21471564.jpg
シリンダーヘッドでざり













a0163159_21473312.jpg
下準備いたし・・・













a0163159_21492628.jpg

ケースと同じく化粧いたし・・・














a0163159_21482714.jpg
ピストン系・・・下準備いたし













a0163159_21485048.jpg

シリンダー系・・・下準備&化粧完了っ♪













a0163159_21494553.jpg
組み立て開始でござる♪
リアバンク組み立て・・・











a0163159_21500384.jpg
フロントバンク組み立て・・・













a0163159_21514690.jpg
・・・形になってきましたなぁ~♪
RH側のクラッチ系とLH側の発電機&スターター系組み立てで完成でござります。

・・・つづく





by moriyamaeg | 2018-03-30 21:37 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
去年12月上旬にクランクプーリー外し
コンプレッサー駆動用Vリブドプーリー製作開始で
プーリー完成は今年1月上旬でした。
その後アルマイト処理いたし・・・気が付けば3月末となり・・・

プーリー外したまま・・・ガレージ放置4か月141.png・・・
これ以上の放置は劣化や腐食の原因発生となりますので・・・
「早急に作業再開いたしエンジン始動いたし走行せよ!」









a0163159_20424850.jpg
で・・・3月28日(定休日)にクランクプーリー装着でござりました♪













a0163159_20422230.jpg
クランクプーリーをクランクにセットいたし・・・
センターボルト装着・・・













a0163159_20432638.jpg
クランクプーリーをSSTでホールド・・・














a0163159_20435725.jpg
トルクレンチでセンターボルトを締めます♪
(拙者号は強化ボルト使用。締め付けトルクは150~160Nでござります。)












a0163159_20441226.jpg
点火系のクランクピックアップコイルを装着いたします♪
(装着のM5キャップボルトはネジロック剤塗布で締め付けトルクは7Nですっ。)













a0163159_20444255.jpg
Vベルト装着いたし・・・無事エンジン始動でござりましたぁ~♪
(4か月放置でキャブレター内のガソリンがチョい劣化気味・・・
いつもより始動性悪しでした。)

ガソリンが空気に触れにくいインジェクション車より・・・
キャブレターは構造上、空気に触れやすいのでガソリン劣化が早く・・・
中期放置で始動性悪し、
長期放置ですと劣化&腐食いたしてキャブレターメンテ・・・
超長期放置ですと燃料系全てが劣化&腐食進行いたしフルメンテとなります。
短期でのガス抜きは有効ですが、長期では各ゴムの硬化の原因となりますっ。
・・・やはり放置せずコンスタントに乗り新たなガソリンを給油いたすのが一番♪

しかたなくであれば・・・
ガソリン腐食防止添加剤「フュエルスタビライザー」なるものもござりますが・・・
ガソリン劣化腐食に作用で・・・それ以外のものには作用しませんので・・・
それ以外の部品の劣化腐食は進行いたしますのであしからず。
やはり放置せずコンスタントに乗るのが一番ですな♪









a0163159_20442643.jpg
今回製作のVリブドプーリー・・・
エアコン完成までは・・・しばらく空回りですなっ。


・・・次回作業は盆でござる。







by moriyamaeg | 2018-03-29 20:48 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
モンスター900エンジンオーバーホールのつづきでござる。








a0163159_21244821.jpg
分解いたし各部点検測定いたし・・・オーナ殿と相談いたし・・・
必要な部品を選択&注文いたし・・・各部品入荷でござる♪














a0163159_21303297.jpg
クランクメインシャフトはアンギュラーボールベアリングで支持されております。
右旧。
左新。
2個の単列アンギュラー玉軸受を・・・
クランクシャフト左右に向かい合わせて装着し使用しておりますっ。
このベアリングはベストな予圧量(ボールとレースをあらかじめ押し付けておく)
で装着し剛性確保&軸振れ防止いたし精度向上いたします♪

予圧量が少なかったり無い状況ですと隙間が出来きて・・・
ガタつき発生いたしますので・・・軸振れいたし精度&剛性低下だけでなく、
ガタつき発生で滑りでの油膜切れ摩耗や微振動カジリも発生いたし
ガタがガタを呼ぶ・・・こうなると機械物としてはボロボロでござる。
予圧量が多すぎますとフリクション増大&短命でござり・・・
ベストな予圧量が必要ござります。

オートバイのステアリングステムベアリング(往復運動)も
同じ原理でござりベストな予圧量が必要でござります。















a0163159_21293906.jpg
そんなベアリングを使用いたしておりますから・・・
高精度なうちは最高ですが・・・
距離が進んで各部ヤレますと・・・最低なものに豹変でござります。














a0163159_21343129.jpg
クランクシャフト先端はメタルブッシュでホールドされておりますが・・・
軸ブレでクランク先端の軸とメタルブッシュ摩耗。
・・・通常より摩耗量がちょいと多いですな。
「クランクベアリング系メンテがチョい遅かったですなぁ~。」















a0163159_21273557.jpg
クランクシャフトの下準備でござり♪

なんだかんだのところもござりますが・・・
厳しい目でクランクケース&クランクを新品交換いたしますと・・・
驚きの超高額♪・・・まぁ、そこまでは・・・での優しい目での再使用っ。
今後の走行は「いたわり上手な走行」遂行ですなっ♪













a0163159_21274769.jpg
新たなコンロッドメタルでござる。













a0163159_21282364.jpg
新たなコンロッドボルトでござる。
左新。
右旧。














a0163159_21283457.jpg
新しいコンロッドボルトは進化型でござる♪














a0163159_21250026.jpg
ミッションの下準備でござり。
インプット側ミツションメンテから・・・














a0163159_21252305.jpg

シャフト&各ギアに大きな問題は無し・・・
各ベアリング交換でござる。













a0163159_21253595.jpg

旧ニードルベアリングは2分割式・・・ニードルの保持器は鉄製。
分割式ですからシャフトのベアリング溝に置くだけです♪

通常の一体型(輪っか)ですとシャフトに通さなければなりませんが・・・
スプラインがベアリング装着溝より大きいため
通せないので2分割式といたして装着でござる♪












a0163159_21254772.jpg
新ニードルベアリングは一体型で切り欠き部がござる。・・・保持器は樹脂製。
樹脂製の保持器ですから・・・
輪っかを広げての簡単装着♪














a0163159_21261917.jpg
アウトプット側ミッションもメンテ・・・















a0163159_21263628.jpg
凸も・・・















a0163159_21265193.jpg
凹も・・・
程度良し♪















a0163159_21270558.jpg
アウトプットシャフトにあるFスプロケ装着いたすスプライン部・・・
Fスプロケは抜け止めプレートで装着いたすタイプで
もともとガタがござりますのでスプライン部の摩耗が早いのです。
今回はガタをなるべく排除いたすための対策プレート装着でしたので
距離のわりに摩耗量が少なく程度良好~でした♪















a0163159_21271929.jpg
ミッション下準備完了♪

・・・つづく。







by moriyamaeg | 2018-03-25 20:34 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。

16インチ忍者の車検点検整備でござりました♪





a0163159_22221820.jpg
末永く乗れるように確実な点検を遂行いたし各整備の16インチ忍者♪
ここ近年、各整備いたしております。
今回は、2年に一度の車検点検整備でござりました。















a0163159_22253913.jpg
フロント足廻りブレーキ系他・・・
前回作業でメンテ済みでござりますが各部分解点検いたしますっ。











a0163159_22263383.jpg
キャリパーの揉み出しとフルード交換と・・・
各部清掃&グリス交換&給油でござりっ♪











a0163159_22235926.jpg
リア足廻り系も前回作業でメンテ済みでござりますが・・・各部分解点検いたします。
同時に各部清掃&グリス交換給油いたし・・・










a0163159_22224665.jpg
フロントスプロケ&ドライブチェーン&












a0163159_22225919.jpg
・・・リアスプロケットの交換を致しました♪












a0163159_22233927.jpg
リアブレーキの油圧系(マスター、ホース、キャリパー)も
同じく前回作業でメンテ済みでござりまして程度良好・・・
キャリパー揉み出し&フルード交換&各部清掃&グリス交換でござりました♪

しかしながら・・・
リアディスク(当時物)の摩耗は進行いたしており・・・
交換サイクルなのですが・・・純正部品は販売終了でござりっ!
(フロントディスクはサンスター製に交換してありますがリアディスクの設定は無し)
・・・今回の車検で交換いたしたい・・・














a0163159_22245393.jpg
ずいぶんと時間がかかりましたが・・・新品リアディスク準備いたし
装着完了でござりました。(このSPリアディスクの欲しい方は森山まで~♪)
・・・テスト走行の結果、抜群の制動力でござる~♪
やはり、限度値近くとなったらブレーキディスクは新品といたすべきですな。











a0163159_22261610.jpg
さらに「快調16インチ忍者♪」となりました。
アンダーカウルもペイント中でござり・・・「赤い900」デカールも製作♪


なにはともあれ定期点検でござります。
問題が無ければそれは良し!問題を早期発見いたし対処いたせば更に良し!






by moriyamaeg | 2018-03-23 22:46 | 整備編 | Trackback | Comments(2)
森山です。
エンジンオーバーホール、FCRキャブレターOH、燃料系メンテ、
車検点検整備、前後タイヤ交換、前後スプロケ&ドライブチェーン交換、
その他作業のM900でござりました。
・・・1月上旬に完成でござり納車も完了でござりました♪

「レポートがずいぶんと遅れてしまいましたなぁ~。」
2018年1月16日アップの
DUCATI M900 エンジンオーバーホールのつづきでござります。







a0163159_21223855.jpg

左はドカティーM900のクランクシャフト・・・L型2気筒(Lツイン)
右はホンダVツインマグナのクランクシャフト・・・V型2気筒(Vツイン)
シリンダーの配置位置が文字のL字に似ているからL型と呼び
V字に似ているからV型と呼ぶ・・・呼び名でござりまして、
どちらもシリンダー挟み角は90度の2気筒でござり同じでござる。







a0163159_21222164.jpg

クランクは同じレイアウトでござりますな。
大きく違うのは・・・
どちらもクランクピン部(コンロッドベアリング)はメタル(すべり軸受け)でござるが、
クランクジャーナル部はM900がボールベアリング(アンギュラ玉軸受)で
ござり高精度ではござるが短命・・・
Vツインマグナはメタル(すべり軸受け)でござり長寿でござりますっ。

また、M900のカムシャフトはコグドベルト駆動(短命)でござり
エンジン幅短縮&レイアウトの関係でジェネレータ側にドライブギアを設け
その上方にドリブンギアを設けております。この位置で1:2の減速としておりますので
ベルトプーリ径は1:1となっておりますっ。
Vツインマグナはカムチエーン駆動(長寿)でござりますので・・・フロントバンク用と
リアバンク用のカムチェーン駆動用スプロケットが2個並んでおります。














a0163159_21182707.jpg
M900は縦割りクランクケース・・・












a0163159_21233321.jpg

左右に分割でござります。














a0163159_21240483.jpg

Vツインマグナは上下分割の横割りクランクケースでござり・・・















a0163159_21203868.jpg

ピストン&コンロットの装着は・・・
(ピストン&コンロッド形状がホンダ殿らしい♪)















a0163159_21234842.jpg

クランクアッパーケースとシリンダーが一体型でござりますので・・・
シリンダー上方からの装着でござります。
VT250FCから・・・VT250FE・・・等々進化いたし・・・
VT250スパーダあたりで完全熟成したエンジンとなり・・・
エンジンオイル&フィルター交換サイクル厳守と各メンテが適正であれば
高耐久なエンジンでござりましたなっ♪


・・・つづく。










by moriyamaeg | 2018-03-18 23:21 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)

春でござり♪

森山です。
「春でござり♪」・・・今年も咲きました♪
店の前に咲く「ヒアシンス」6回目の開花でござる~♪






a0163159_23012029.jpg
紫のヒアシンス














a0163159_23013655.jpg
今年も元気に咲きました♪
今年は名前をつけますか・・・
こいっあ~♂だから・・・命名「紫ひあし」













a0163159_23005946.jpg
桃色のヒアシンスも咲きました♪・・・今年はちょい小ぶり
散歩いたす犬のう○こが足りなかったのか・・・もう一株はつぼみでござる。
3月末日には満開でしょうなっ♪

こいっあ~♀だから・・・命名「桃しんす」

by moriyamaeg | 2018-03-18 23:03 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
走行距離が進めば進むほど・・・
年数が経てば経つほど・・・
分解点検整備が必要でござります。

死んでしまう前に「各部分解点検」いたし不良個所がござれば「整備」いたして
・・・「安全&快調確保」でござる♪



a0163159_21273108.jpg
Fブレーキ系が・・・長期ノーメンテでござり終わっておりましたので
Assy交換いたす作業でござりました。
で、各部点検いたしておりますとFホイールの回転異常がござり・・・










a0163159_21271778.jpg
外観が綺麗であっても・・・
旧車の場合は、内部部品が程度良好とは限りませんなぁ。

ブレーキダスト付着も無く・・・ピカピカで
美しいFホイール&Fブレーキディスクですが・・・









a0163159_21254971.jpg
Fホイールベアリングを外しますと・・・ベアリングが超錆びておりました。
「ゴリゴリ」でまともに回転いたしません。











a0163159_21262070.jpg
シール外しますと・・・
「うわぁ~~~」













a0163159_21260671.jpg
ホイール内部も・・・腐って・・・














a0163159_21263648.jpg
ディスタンスカラーまでも腐食・・・










a0163159_21264924.jpg
良く見ますと・・・
腐ったグリスと錆だけでなく・・・水が入っております!











a0163159_21270325.jpg
内部は腐りまくりで危険な状態でござりました。
高速道路でのホイールベアリングブローは超危険でござり命を失うことにもなります!


どんな部品にも寿命はござります。
やはり2年に一度の車検で確実な分解点検整備を遂行いたすべきでござります!
旧車は、外観にだまされてはいけませんなっ。

by moriyamaeg | 2018-03-16 22:51 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
GSX1100S・・・車検点検整備でござり♪
・・・最終回。







a0163159_20474145.jpg
フロント足廻り点検整備&ブレーキ系リフレッシュ作業完了いたし♪













a0163159_20434643.jpg
お次は、
リア足廻り&リアブレーキ系&駆動系でござる。













a0163159_20445031.jpg
スイングアーム系&リアサス系の
点検整備いたし・・・同時にお掃除いたします。












a0163159_20433173.jpg
リアホイール&駆動系も・・・点検整備でござる。













a0163159_20440174.jpg
各部点検いたし・・・













a0163159_20441880.jpg
各構成部品・・・











a0163159_20443256.jpg
・・・大掃除いたし
必要個所には新たなグリスを塗布し・・・











a0163159_20450956.jpg
リアホイール系の点検整備完了。
・・・前回フルメンテいたしておりますので程度良好ですな♪










a0163159_20461474.jpg
・・・リア廻り合格でござる♪












a0163159_20482594.jpg
前回の車検でリフレッシュいたしたリアブレーキ系
点検&整備&化粧いたしましてロングライフ目指しますっ♪















a0163159_20454380.jpg
チェーンケース磨き・・・










a0163159_20452699.jpg
裏手に飛散したチェーングリスも・・・除去っ。










a0163159_20481090.jpg
車検点検整備項目は沢山ござりますので・・・この後も作業は続きました~。
2年に一度の車検点検整備で確実な点検整備を遂行いたして
安全&快調キープでござります♪















by moriyamaeg | 2018-03-14 20:09 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。

GSX1100S・・・I殿号。
車検点検&整備でござり




a0163159_20391114.jpg
前回車検時には、限界を迎えたリアブレーキ系をメンテナンスいたし・・・
昨年は、シリンダーベースガスケットからのオイル漏れで腰上分解整備
&オイルクーラーからのオイル漏れもござりコア&ホースライン交換でした。
過去の整備では、燃料系・前後足廻り&駆動系・その他のメンテ遂行でござり。
「何もせずでは、まともに走れなくなるので順に直してきましたなぁ~♪」
・・・その結果♪今も元気に走れるのでござります~♪















a0163159_20382446.jpg
フロントホイール外し・・・
アクスルシャフト・Sメーターギア・その他部品でござります。









a0163159_20401817.jpg
黄ばんだグリスは・・・
前回車検時に塗布したグリスでござり・・・
防錆のグリスでござる。















a0163159_20395603.jpg
黄ばんだグリスをふき取りますと・・・
錆び無し&綺麗なものでござります♪














a0163159_20403665.jpg
大掃除いたし・・・新たなグリスを塗布しておきます♪













a0163159_20385775.jpg
フロントホイールベアリングでござりまする。
錆びないように塗布したグリスを除去いたしますと・・・














a0163159_20394045.jpg
錆び無く綺麗ですなっ。
・・・作動点検は合格です♪














a0163159_20405498.jpg
・・・錆びないように新たなグリスを塗布しておきます。











a0163159_20411135.jpg
Sメータケーブルのグリスも入れ替えでござる♪













a0163159_20414663.jpg
フロントブレーキ系・・・
マスターシリンダー&ホースラインは交換でキャリパーはオーバーホールで
ディスク&パットは交換でござる。















a0163159_20375457.jpg
ディスクローター厚さが・・・使用限度を大幅限度越え!
(使用限度4.50mmのところ4.17mmです。)














a0163159_20413079.jpg

キャリパーは、オーバーホールでござる。












a0163159_20420162.jpg
ダストブーツ&ピストンシールの溝・・・大掃除♪
(次回は新品キャリパーAssyへ交換いたしましょう。)














a0163159_20424212.jpg
・・・大掃除完了♪














a0163159_20425554.jpg
大掃除と共に・・・
ヤレた塗装が剥がれまくりでしたので・・・














a0163159_20463176.jpg
・・・「塗装!」

各部品交換いたしオーバーホール完了でござりました♪













a0163159_20464734.jpg
ペラペラのブレーキディスクから













a0163159_20472593.jpg
・・・純正新品ブレーキディスクに交換っ♪
旧車の純正新品部品がメーカーから入手できる事は実に素晴らし♪

長期にわたり補修部品を供給してくれるメーカーこそが
本物のメーカーでござります!

・・・つづく。




















by moriyamaeg | 2018-03-13 01:59 | 整備編 | Trackback | Comments(2)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg