<   2018年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

森山です。
ZL900のつづき・・・
(その21~22位までつづきます。)






a0163159_22562960.jpg


錆びたFフォークインナチューブは要交換ですが・・・
既に販売終了部品でござり、社外品も設定が無し・・・
再メッキでのリビルド遂行でござりました♪

再メッキが完了いたすまで・・・
フロント足廻り未装着は辛いので・・・
16インチ忍者のフロントフォークを装着しておりました♪















a0163159_22545704.jpg

「来ました♪来ました♪」
リビルド完成のインナーチューブ&必要新品部品でござる。














a0163159_22543859.jpg

旧メッキを剥がし表面を研削いたし錆除去いたし再メッキ・・・
メッキ処理後、高精度研磨いたし精度の高い外径仕上げでござる♪
(メッキ層がペラペラの純正品より厚いので錆びにくくなります。)


















a0163159_22551402.jpg
再使用部品は大掃除致し・・・
新たな各部品とリビルドインナーチューブを・・・
組み立てます。

















a0163159_22553100.jpg
・・・フロントフォーク無事完成でござる♪
















a0163159_22590673.jpg
フロントフォーク装着の前に・・・
ステム作動に引っ掛かりがござりスムーズに動かない。
作動不良でござるので分解点検&メンテでござりました。












a0163159_22595912.jpg

分解開始・・・
















a0163159_22592342.jpg

ロアステムベアリングにはダストシールが無く・・・
ベアリングむきだしの設計でござります。
雨は上から降りますので下側のシールが無くてもグリスさえあれば良しっ♪・・・
遅いメンテサイクル、長期使用&長期放置、強烈洗車の場合
やはりシールは必要でござりますなぁ~。
(Z1000Rやゼファー750等々も無い設計ですっ。)














a0163159_23003193.jpg


ダストシール無し・・・
車体下側からステム周辺めがけて高圧洗浄機で洗ったら・・・
終わりでござります。
(基本、オートバイに高圧洗浄機の使用は危険です。)














a0163159_23010248.jpg
グリス除去いたし・・・確認っ。
「錆びております~。」















a0163159_23012092.jpg
新たなベアリングに交換いたします♪















a0163159_23020343.jpg
ベアリングホール大掃除いたし・・・
新たなベアリングレース装着♪

(ベアリングホールの傷の具合からして
過去にベアリング交換いたした形跡がござりました。)















a0163159_23013239.jpg
SSTでロアステムベアリングを・・・















a0163159_23014832.jpg
引き抜きます。














a0163159_23031967.jpg
で・・・
対策でござりました♪

右:ZL900用のステアリングステム(アンダーブラケット)。
左:ZX900A1用のステアリングステム。















a0163159_23024569.jpg

ZX900(GPZ900R)用にはダストシールが装着されております♪















a0163159_23023337.jpg
右:ZL900
左:ZX900
ロアステムのベアリング&ダストシール装着各部を採寸比較いたし・・・
フレームロア側も採寸比較しましたら・・・
結果、全て同寸でござる!



















a0163159_23030284.jpg
ので・・・ZL900にもダストシールが装着できまする♪















a0163159_23033681.jpg
新たなベアリングと共に・・・
新たなダストシールを装着っ♪














a0163159_23091844.jpg

これで、埃や水を防御できますなっ♪













a0163159_23035774.jpg
ステム系メンテ完了いたし・・・
フロントフォーク装着でござりました。

・・・つづく。










by moriyamaeg | 2018-08-30 21:58 | 整備編 | Trackback | Comments(2)
森山です。
ZL900のつづき。
第二段階の修理開始でござる♪

生産中止部品も多く・・・
部品探し&加工修理に時間とコストがかかりますなぁ~。







a0163159_17074351.jpg
第二段階では・・・
町内試乗いたし不具合個所確認・・・不具合個所修理でござる。
&スペシャルチェックプラスでの最低評価部分も合わせて修理いたします。














a0163159_21295443.jpg
F足廻り・・・Fフォーク系、Fステム系、Fホイール系の修理。
R足廻り・・・Rホイール系の修理。
その他・・・車体系の不具合個所の修理&部品交換でござります。













a0163159_00010033.jpg
クラッチ系からの異音がござり・・・クラッチ系修理。

















a0163159_23134742.jpg
第一段階は限られた予算でしたので・・・
全ての部品を交換できませんでした。
・・・第二段階で予算をいただき・・・
第一段階でやり残した部品を交換いたします。
交換いたす老い先短い部品は・・・












a0163159_23142215.jpg
電動ファンモーター・・・











a0163159_23262026.jpg

ウオーターポンプ・・・
その他・・・
でござりました。














a0163159_23570225.jpg

前後油圧ブレーキ系・・・
超ポンコツでござり危険!
ブレーキ系フルメンテでござる♪














a0163159_23563170.jpg
ブレーキフルード漏れ・・・















a0163159_23590818.jpg
ディスクの曲がり・・・







;






a0163159_23574303.jpg
ブレーキの固着(引きずり)・・・













a0163159_00012080.jpg
33年前の・・・当時物(ポンコツ)だらけですからなぁ~。
















a0163159_23584845.jpg

油圧クラッチ系も同様でござりメンテいたします♪













a0163159_21495964.jpg
Fホイール各メンテ・・・















a0163159_21523353.jpg

Rホイール各メンテ・・・













a0163159_17094672.jpg
クラッチ系から異音発生・・・分解点検でござります。














a0163159_17100317.jpg
ジェネレーターチェーン系も・・・














a0163159_17103817.jpg
終っておりますので・・・同時にメンテいたします♪

・・・つづく。



by moriyamaeg | 2018-08-27 22:00 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
ZL900のつづき。

オイル漏れ修理、燃料系修理、冷却系修理、ひとまず完了いたし・・・
いよいよ試乗でござるが・・・









a0163159_21400058.jpg
触るところ全てが怪しい車両でござりましたので・・・
外部となりますが各ネジの緩みチェックでござる。



















a0163159_21325872.jpg

全てのネジとなると極端な話、エンジン内部も含まれますので・・・
エンジンも全バラいたして全てを確認する事となります。
もちろん超ハイコストとなり現実的ではござりません。












a0163159_21345857.jpg

誰がいつどこまで分解し何をどう触ったのか?・・・33年経過の車両ですし
分解しないと見えない事もござり・・・














a0163159_21341542.jpg

こうなると・・・
正直、誰も何も触っていない車両の方が良いですなっ。


















a0163159_21353042.jpg
ひとまず安心して試乗ができるように・・・
触っていない所も・・・確認。














a0163159_21355065.jpg
脱着し触った所も・・・再確認。

















a0163159_21364255.jpg
確認。















a0163159_21365883.jpg
確認。















a0163159_21381064.jpg
再確認。















a0163159_21385936.jpg
確認。














a0163159_21393834.jpg
確認。













a0163159_21421029.jpg

再確認。















a0163159_21425377.jpg

再確認。













a0163159_21431153.jpg

再確認。











a0163159_21451528.jpg
確認っ。

ファイナルギアケースの外観はペイントされております。
もちろんオイルも綺麗でしょうなぁ~。













a0163159_21434971.jpg

で、確認。
・・・「おっ!」











a0163159_21442249.jpg
・・・汚い。 「交換ですな。」













a0163159_17041922.jpg

無事、町内試乗いたしまして・・・各部実走確認♪

スペシャルチェックプラスでアウトな部分が・・・
実走でもやはりアウトでござり・・・
快調には程遠く危険ですので追加修理いたします♪

「第二段階の修理開始でござる。」
・・・つづく。



by moriyamaeg | 2018-08-23 23:44 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。

二輪車のタイヤ交換は、4輪車と違いまして・・・ホイール&タイヤだけでなく
足廻り系・ブレーキ系・駆動系等の関連部品も外しますので・・・
正確で確実な作業が要求されます。
「エンジン部品やキャブレター部品と同じ扱いといたした
分解組立&交換調整を志しております。」















a0163159_22174859.jpg

MADE IN ITALY・・・














a0163159_22180675.jpg
TECO・・・















a0163159_22185407.jpg

機械工具の力で時短でござる。・・・「時短分、工賃を大幅に引き下げます♪」
また、タイヤ本体価格も従来より引き下げまする♪
交換時の作業内容とクオリテーは従来のままですのでご安心を!

従来の手組みも健在ですのでご用命くだされ♪
(手組の工賃は従来のままですが・・・)















a0163159_22194302.jpg
新たなタイヤチェンジャーTECO35MCでござります。
















a0163159_22191672.jpg
1Fの工場は工作機械だらけで設置スペース無し・・・
置けませんので2Fへ・・・(エレベーターで運びます。)















a0163159_22221762.jpg

2Fへ設置完了っ♪

・・・つづく。





by moriyamaeg | 2018-08-19 22:40 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(4)
森山です。
ZL900のつづき・・・(燃料系編)








a0163159_23015961.jpg
エアークリナーBOX系・・・修理でござりました。













a0163159_23031040.jpg

BOX本体の大掃除&各部点検いたしますと・・・
BOX脇がパックリ割れておりエアーリーク発生でした。
このままでは、ホコリや水が侵入いたすのはもちろん燃調も狂いますなぁ。















a0163159_23024919.jpg
内部もトラブル発生でござる。
No2のオーバーフローパイプが無い!
「いつどこへいってしまったことやら・・・」
















a0163159_23033018.jpg
左:GPZ900R(ZX900)用のエアークリナーBOX。
右:ZL900用のエアークリナーBOX。

いずれも生産中止でござる。














a0163159_23035013.jpg
左:ZX900
右:ZL900
・・・全く形状が違いますなぁ。
















a0163159_23040851.jpg

ダクトホースもZL900のほうが長い。
左:ZL900
右:ZX900














a0163159_23043164.jpg
で、・・・
ZX900のエアークリーナーBOX内部より
オーバーフローパイプをいただきました。
同じ部品を使用しており、パイプの長さを少し短くするだけで・・・














a0163159_23052288.jpg
装着完了っ♪
これで、エアーリーク&埃の侵入も無くなり
オーバーフロー時のガソリンも正しく流れますっ。















a0163159_21263627.jpg
劣化でボロボロに崩れ落ちたエアーエレメントと、
気密スポンジが無いエアークリナーリッド(ふた)でした。
















a0163159_23072507.jpg

エアークリナーリッドは生産終了部品ですので修繕っ。
とりあえず新たなスポンジを貼りまして・・・













a0163159_23074306.jpg
気密保持でござる♪















a0163159_23120138.jpg
エアークリーナーBOXも生産中止・・・
とりあえず修繕いたし気密保持でござる。
















a0163159_23121998.jpg
新品エアーエレメント装着・・・
















a0163159_23123601.jpg
新品ダクトホース装着・・・
エアークリーナーBOXの修理完了でござりました♪












a0163159_21320172.jpg
燃料系各部品を車体に組み付け&各調整いたし・・・


















a0163159_21313608.jpg
エンジン始動っ!
「ブォーーーーーーーーーーーン!」
インライン4の快音でござります♪
















a0163159_21315082.jpg
暖機運転いたし・・・
各調整いたし・・・
オイル漏れ、冷却水漏れ、電動ファン作動、その他、各部点検いたし・・・



















a0163159_21321689.jpg
第一段階クリアーでござりました♪
エンジンオイル漏れ、冷却系修理、燃料系修理が完了致し・・・
エンジンはひとまず走れるようになりました・・・
「ようやくテストランが出来ますかなぁ?」


旧車で快調&高耐久をめざしますと・・・
上辺だけの対処では全く追いつかない・・・
不良個所(ポンコツ部品)は超広範囲で数も超多く・・・
大量の部品投入とそれにともなう工数が必要で爆発的にコストが嵩みます。
生産中止の壁もござり、さらにややこしい事となるのですっ。

現行の新車を購入したほうが遥かにお得なのは分かっておりますが・・・
旧車の魅力に勝てませんなぁ~。










a0163159_21374989.jpg
燃料系・・・ガソリンタンクも修繕っ。

「ビフォー」
















a0163159_17035032.jpg
「アフター」

















a0163159_21365416.jpg
ガソリンタンクキャップも・・・

「ビフォー」














a0163159_17032390.jpg

「アフター」











a0163159_17040682.jpg
全て新品に交換したいですなぁ~。















a0163159_21052796.jpg
エアークリナーBOXに付く左側サイドカバーでござる。















a0163159_21054482.jpg
残念ながら・・・大きく割れております。
割れが大きいので交換したいのですが・・・生産中止部品でござる。

左側サイドカバーは・・・
エアーエレメント点検時に毎度外すカバーなので脱着頻度も多く・・・
装着穴のラバーも古く硬化しておりますので、ただただ引張っては
いけません。
慎重&丁寧に扱わないと必ず割れが発生し。
やがて大きく成長いたします。














a0163159_17080532.jpg

拙者、探しまくり・・・・・ゲットでござる♪














a0163159_17084950.jpg
新品のLHサイドカバーでござります♪















a0163159_17083356.jpg
裏も表も「ピカピカ」♪







a0163159_17092849.jpg
町内の試乗はOKでしたが・・・
長距離のテストランは危ないので中止でござる。
リアブレーキ&フロントブレーキ系にもアウト部品が多数ござり・・・
こりゃ、要整備ですなっ。

装着不良や限界部品や壊れた部品がござると・・・
拙者、死んでしまいますので・・・各部整備が先でござる。



・・・・つづく。


by moriyamaeg | 2018-08-16 20:28 | 整備編 | Trackback | Comments(0)

森山です。
ZL900のつづき・・・(燃料系編)







a0163159_22564160.jpg
再使用部品は大掃除&手直し(この作業が最も時間を費やしました。)いたし・・・
交換部品を揃えまして・・・
キャブレターの組み立てでござりました♪












a0163159_22565741.jpg
やっぱり新品部品は良いですなぁ~♪













a0163159_22591870.jpg
長旅でござりましたが・・・完成♪














a0163159_22593378.jpg
キャブレターとエアークリーナーBOXを繋ぐ「ダクトホース」・・・
・・・ラッキーな事に新品入荷でござるっ!















a0163159_22595153.jpg
今回、最も交換したかった部品でしたので・・・
メーカー在庫が有りましで本当に助かりました♪












a0163159_23000990.jpg
抜群の柔軟性です!













a0163159_23060788.jpg

左旧。
右新。











a0163159_23054117.jpg
同じ部品とは思えないほど劣化硬化&変形でござり・・・
使い物にならない状態でした。

左旧。
右新。












a0163159_23003079.jpg
No1キャブの欠損部分ですが・・・
















a0163159_23012204.jpg
新たなダクトホースを・・・
















a0163159_23014126.jpg
挿入いたして点検っ。
クランプスプリング装着位置は生きており♪
問題なく使えますので・・・このまま使用です。













a0163159_23015961.jpg
キャブレター修理完了いたし・・・
エアークリーナー系&ガソリンタンク系もトラブル発生しており
修理でござりました。

・・・つづく。




by moriyamaeg | 2018-08-15 01:45 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
ZL900のつづき・・・(燃料系編)





a0163159_21044864.jpg

各キャブレター(4連キャブ)は独立しており、
各キャブレターへ燃料を送る為にキャブレター間に
パイプが連結されております。
図のパイプは1-2間と3-4間にあります。
アルミ製パイプでござり・・・燃料漏れ防止のOリングが装着されております。

Oリングは劣化&硬化ですので交換っ。
アルミパイプに激しい腐食がござれば交換ですが、今回は問題無し。











a0163159_21060485.jpg
同じく、2-3間のパイプ(T型)でござります。
このT型パイプに燃料ホースが差し込まれており・・・
ガソリンタンクから燃料が流れ込みます。
樹脂製のパイプでござり、燃料漏れ防止のOリングはダブルで装着されております。

Oリングは劣化&硬化ですので交換っ。
T型パイプは樹脂製でござり腐食しないのはありがたいが・・・
劣化&割れには注意でござる。













a0163159_21043060.jpg
エアーベントパイプ(T型)でござり・・・
1-2間と3-4間に装着されており
防水防塵のためにOリングが装着され、センターの
パイプ差し込み口に長いベントチューブが差し込まれるのです。

今回、ベントチューブが未装着でござり!
差し込み口(破損でござる)は上方へ向いておりますので・・・
雨&洗車等での水「フェースハガー」が簡単にフロート室内へ侵入でござりました♪




Oリングは劣化&硬化で交換ですが、
T型パイプも破損しておりますので交換ですなっ。
もちろんベントチューブを装着いたしますっ♪















a0163159_21062223.jpg

スターターバルブ(チョークプランジャー)でござる。

ゴム製のダストカバー・・・
樹脂製のキャップ・・・
鉄(SUS)製のスプリング・・・
銅製のプランジャー本体・・・
ゴム製のプランジャー先端パッキン・・・
・・・旧車となれば・・・
劣化&硬化、酸化腐食&摩耗は避けられませんなぁ。














a0163159_21063943.jpg
ゴム部品の劣化&変形硬化でござり・・・交換ですなっ。














a0163159_22590061.jpg

バキュームバルブは再使用♪

コストが許せは交換っ。
極度な摩耗、劣化&硬化、破れ、破損であれば即交換っ。















a0163159_21050484.jpg

各部点検いたし・・・
再使用可部品と要交換部品に仕分けまして・・・
必要な交換部品を手配いたします♪
「生産中止部品の少ない事を祈りまする~。」

各部点検いたして・・・
極端なポンコツキャブレターとなれば・・・作業中止いたして
新たなベースキャブレター探しとなります。












a0163159_21145186.jpg

再使用部品は、本格的な大掃除&修理遂行いたしておきます♪













a0163159_21143734.jpg

必要な新品部品・・・・入荷♪

生産中止もござり・・・
残念ですが全て揃いませんでした・・・
無ければ始まらないので何とかしますっ♪















a0163159_22485732.jpg
作業再開でござりました。

・・・つづく。













by moriyamaeg | 2018-08-13 22:35 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。

ZL900のつづきでござる。

a0163159_20595001.jpg
キャブレターの分解点検でござる。

ダクトホースが変形装着され隙間発生のNo2(左から2番目)キャブレターは
他気筒より汚れが多いですなっ。









a0163159_21001130.jpg
No1キャブレターのこの部分は欠損いたしておりました。










a0163159_21002868.jpg
フロートチャンバー外しますと・・・まぁ汚い。











a0163159_21010115.jpg
フロートパッキンのみ交換されてますが・・・













a0163159_21004508.jpg
・・・掃除不足でござります。













a0163159_21011629.jpg
フロートチャンバー内に・・・何っ?
(エイリアンのフェイスハガーか?)













a0163159_21013512.jpg
ゼリー状でござり・・・ゲロ?
(ほぼ水分です。)














a0163159_21015594.jpg
フロートパッキン以外は当時物でござりっ。















a0163159_21021173.jpg
使える部品と使えない部品に仕分けていきますが・・・
汚れの酷いままでは点検もできませんので、ひとまず大掃除でござる。













a0163159_21022641.jpg
パイロットスクリュー・・・












a0163159_21024225.jpg
このスクリューは先端が曲がっており流量不調・・・













a0163159_21025892.jpg
ダイヤフラム室に沢山のダスト侵入っ!
実は、このダスト・・・
経年劣化し崩れ落ちたエアーフィルターなのでござる。
「ホコリを除去いたすエアーフィルターがホコリをバラまく始末っ♪」














a0163159_21101984.jpg
キャブボディーが使える事が第一条件です。














a0163159_21094072.jpg

軽く洗浄いたすだけで
古い塗装は簡単に剥がれ落ちます。












a0163159_21090474.jpg
お掃除いたし各部点検いたします。












a0163159_21092550.jpg

点検。











a0163159_21084849.jpg

点検。













a0163159_21082745.jpg

点検。













a0163159_21075329.jpg

奥の奥は・・・










a0163159_21080844.jpg
汚い。













a0163159_21073534.jpg

穴の奥も・・・













a0163159_21072056.jpg
まだまだ汚い。
再使用可能となれば、さらなる大掃除遂行でござります。

・・・・つづく。





by moriyamaeg | 2018-08-09 22:48 | 整備編 | Trackback | Comments(2)
森山です。

冷却系修理が終わり・・・お次は燃料系修理でござる。
(実作業は、ほぼ同時進行でござりました。)





a0163159_20565749.jpg
キャブレターを外しましたが・・・
ゴム系部品がとんでもなく硬化いたしており・・・
キャブが簡単に外れませんでした。
必要以上の力を掛けますとキャブレター連結レール等の変形&破損の原因となるので
注意が必要です。













a0163159_20571026.jpg
ゴム製のダクトホースは柔らかいものですが、
樹脂製かと思うほどの硬化でござりました!
しかも・・・
上手に装着されておらず変形装着でして・・・33年もの年月・・・(いつの変形装着かは不明ですが)
変形装着した形のまま硬化(劣化)いたし2度と元へ戻らない状態。
・・・なのに、その後も、ご愛用・・・
エアーリーク(水も埃も侵入)発生いたし不調でござる。















a0163159_20572341.jpg

カチカチでござり引っ掻き傷だらけ・・・
何度も分解装着された形跡がござります。

長期放置を繰り返し、腐食したキャブレターを分解掃除
いたすだけのローコスト作業を繰り返してきた燃料系です。
・・・もちろん誰一人として何の部品も交換してきておらず。
その結果でござる。














a0163159_20573547.jpg
スロットルパイプでござる。
キャブレターを作動させるスロットルケーブル(アクセルワイヤー)が
装着されております。
スロットルケーブルには引き側と戻し側がござり・・・

















a0163159_20574808.jpg
戻し側ケーブルのタイコを掛ける部分が破損です。・・・「残念。」
(無理にワイヤーを外したり装着したりいたしますと割れます。)















a0163159_20580098.jpg
キャブレターAssyでござる。














a0163159_20581302.jpg
「わぁ~!」
No1キャブレター(エアー入り口)が欠損ですっ!
(叩く・こじる・落とす等での破損です。)
キャブレターレール等の変形が心配ですなぁ~。・・・「残念。」















a0163159_20582931.jpg
キャブホルダー(インシュレーター)でござる。














a0163159_20584251.jpg
もちろん、カチカチ硬化でござります。
エアーリークで不調となりますので迷わず新品交換なのですが・・・
時既に遅し・・・生産中止部品でござる。・・・「残念っ。」

分解内部点検いたしますと・・・
これらのトラブルは氷山の一角でござりました。
壊れた部品&腐食劣化した部品&摩耗損傷した部品だらけでござり・・・
全て新品部品へ交換いたしたいが・・・生産中止の高い壁に阻まれ・・・
部品探しの旅でござるっ。(膨大なコストと時間がかかります。)


・・・つづく。





by moriyamaeg | 2018-08-05 23:38 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。

猛暑つづきでござり・・・
熱中症対策の・・・
エアコンにやられ・・・
風邪っぴきでダウンでござります。






a0163159_23143821.jpg
ZL900冷却系のつづきです。














a0163159_23145647.jpg
各再使用部品・・・お掃除いたし













a0163159_23155627.jpg
サーモスタット装着いたし♪














a0163159_23161496.jpg
サーモケース部・・・無事完成でござる。















a0163159_23251353.jpg
ラジエター系・・・
ラジエター掃除・ファンの配線修理・ファンスイッチ交換でござる。














a0163159_23254013.jpg
死んでいるファンスイッチでしたが・・・
(サーモケース側にもファンスイッチがござります。)














a0163159_23255510.jpg
奇跡的にメーカー在庫有りで・・・新品部品入荷っ♪
右旧。
左新。















a0163159_23260845.jpg
めでたく復活でござります♪














a0163159_23235037.jpg
部品供給がござれば何てことない作業も・・・
生産中止だらけですと・・・
難儀・苦労いたしますなぁ~。















a0163159_23241280.jpg
上方ホースも新たに・・・













a0163159_23245317.jpg
下方ホースも新たにいたし♪












a0163159_23264753.jpg
ラジエター装着でござりました♪


・・・つづく。





by moriyamaeg | 2018-08-03 23:09 | 整備編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg