森山です。

16インチ忍者のつづきでござる。







a0163159_22465670.jpg
オイル漏れ無しのアンチダイブバルブAssyを、ドナーからいただきます♪















a0163159_22471179.jpg
摘出いたしまして・・・各部点検でござる。

















a0163159_22472717.jpg
アンチダイブバルブ上方にある作動ロッド・・・
湿気や水分の侵入で激しく腐食&劣化で固着いたしておるものも多い中、生きております♫
・・・しかしながら残された余命が全てでござるので、やはり、高耐久な新品部品が欲しいですなぁ~。

ブレーキプランジャーに押される作動ロッド部分は
防水&防塵の為、ゴム製ブーツにより保護されておりますが、
ボディー後方に小さな穴が開けてあり完全気密ではござりません。
この小さな穴は、作動時のブーツ内エアー抜き穴でもござり・・・
万が一、水や湿気が侵入いたしたらドレーン穴となり内部の水分を排出・・・
内部でオイル漏れいたしたらオイルドレーン穴となります。
ですが水&湿気の侵入いたす穴ともなるのでござるっ。

そんな穴の話よりも・・・
経過年数によるゴム製部品の劣化のほうが大きな問題なのです。
















a0163159_23372734.jpg
ドナーからいただきましたアンチダイブバルブAssy・・・
点検・清掃・メンテ・化粧いたしまして無事装着っ♪

















a0163159_23374045.jpg
長寿な部品に・・・さらなる長寿を期待でござる。

・・・つづく。





# by moriyamaeg | 2019-01-30 00:18 | その他 | Trackback | Comments(0)
森山です。

16インチ忍者のつづき・・・フルメンテいたしてから4年経過です。
嫁ぎますので、各部総点検整備&車検点検整備遂行でござりました♪

殆どの部分がフルメンテにより快調で問題のない状態でござります♪
・・・が、旧車特有のこだわりの部分と生産中止がバッテイングいたしての
オイル滲み発生っ。






a0163159_22454938.jpg

AVDS(オートマチックバリアブルダンピングシステム)
・・・アンチノーズダイブ機構。
ブレーキプランジヤー側は、作動良好でフルード滲みも無し♪












a0163159_22460256.jpg
しかし・・・
相方のアンチダイブバルブAssyが・・・
去年あたりから・・・
アンチダイブバルブ下側からフォークオイルが滲みはじめておりました。・・・トホホ。
「当時物部品の残された余命を使い切ったのでござるなぁ~。」
アンチダイブバルブは、非分解指定でござり問題発生いたしましたら
Assy交換でのメーカー指定でござります。

経年劣化が主たるトラブル原因でござり、新品部品さえあれば全て解決なのですが・・・















a0163159_22462724.jpg
フロントフォーク装着部分のOリングからではなく・・・
アンチダイブAssyの下側にあるアジャスター
(アンチノーズダイブの効き具合を弱中強の3段階に調整できる。)
奥からのフォークオイル滲み発生・・・

アジャスターの先には3段のカムがござり、そのカム高さで奥にある
バルブシャフト位置を変化させての減衰力を可変しております。
そのバルブシャフトとオイルシール間からのオイル漏れでござりました。
・・・もちろん生産中止でござり部品供給はござりません。













a0163159_22464109.jpg
ので、・・・
使えそうなアンチダイブAssyを探しまくりまして丸ごとのF足廻り
ドナーからいただきますっ♪

使えたとしても・・・
ドナーも30年以上経過でござり残された余命が全てでござるが・・・
「高耐久は望めませんが、なにしろAVDSの作動を活かしておきたいのです。」

・・・つづく。














# by moriyamaeg | 2019-01-28 21:17 | その他 | Trackback | Comments(0)
森山です。
GPZ900R(A5ヨーロッパ仕様)・・・




a0163159_22560778.jpg
超極上A5がベースでござり・・・配色は「トップガン」♪
超フルメンテナンス遂行の16インチ忍者でござる。

全バラといたし、フレームからのスタートでござり
構成部品の全てを吟味いたし・・・「綺麗&快調&ロングライフ」を目指して
沢山の新品部品と沢山の時間を費やした車両でござります♪


つづく。




# by moriyamaeg | 2019-01-24 23:29 | その他 | Trackback | Comments(0)
森山です。

GPZ900R(A12)エンジンオーバーホールのつづき・・・





a0163159_23460776.jpg
エンジンオーバーホール(ロングライフ仕様)完成でござり、
いよいよ車体搭載です。














a0163159_23463357.jpg
車体を準備いたしまして・・・各部点検&大掃除遂行でござります。
















a0163159_23474477.jpg
・・・その後、エンジン搭載っ♪

社外のダウンチューブは・・・「ポイチョ」でござる。










a0163159_23484437.jpg
今まで使用のエンジン後方のマウントボルト&ナットでござる。
(新車からのものではなく途中で新品といたしております。)
・・・再使用せず新品といたします。










a0163159_23482074.jpg
旧ボルトは曲り発生。
(ボルトのネジ部破断でエンジン固定されてない車両もよく見かけます。)










a0163159_23471016.jpg
新たなボルト&ナットに交換し、















a0163159_23472220.jpg
締め付けます。













a0163159_23473336.jpg
エンジン前方のマウントボルト&ナットは・・・
社外品エンジンスライダーkitでござり・・・















a0163159_23480913.jpg
規定トルク・・・
アンダートルク・・・

スライダー装着の為、長い・・・
2つのアルミ製カラー部品を挟み込んでの固定でもござり、
長期のトルク管理が難しいので・・・













a0163159_23590052.jpg
・・・純正のボルト&ワッシャー&ナットに戻し♪














a0163159_00010976.jpg
エンジン搭載完了、各補機類装着&各メンテも無事完了いたし♪
「エンジン始動っ!」













a0163159_00012323.jpg
「快調でスムーズで静かなエンジンに生まれ変わりました♪」113.png


・・・つづく。








# by moriyamaeg | 2019-01-17 23:06 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg