本日担当 森山です。

いよいよマフラー製作スタートです。

ワンオフマフラーですが、材質、性能、取り回し、デザイン、機能、その他全ての事を、

まとめて形にします.最も重要なのが、お客様との打ち合わせです。

本当に欲しかったマフラーは、これだ!!となるには、お客様のねらいを知る事と、

製作にあたり、お客様の知らない事を、わかりやすく説明することです。

時には、厚紙で同一スケールのサイレンサーを作り、現車に取り付けいろいろな角度

から見てもらいます。すると最初の意見からかなり変わってきますが、それでよいのです。

平面で見ず、立体で見なくてはいけないのです。他にも山ほど打ち合わせがあります。

大変ですが、完成後に喜んでいただきたい。ただそれだけの為に作り続けております。

a0163159_0462262.jpg

実は、ワンオフマフラーは月に1本しか作りません。2本作ると大赤字になるからです。

全てハンドメイド作品で、私の趣味であり、赤字なので、情熱のある方のみ受けております。

その代わり無理難題をきいております。物理的に無理なものはできませんが・・・・・


それでは、GPZ400Rワンオフチタンマフラーレポートのはじまりです。

フロントパイプは32か35か・・・今回は35です。集合方式は4in1です。

本日は、フロントパイプのエンジン接続部と集合部のパーツを製作します。

材料で35パイのチタンパイプ1mm厚3本用意。35かなり軽いです!
a0163159_23245552.jpg

モリヤマエンジニアリングのメタルソー切断機は、かなり古い・・・・?
a0163159_23255298.jpg

ドイツのメーカーでバンズベーカー社製バルソンローターです。さすがドイツのメーカー

質実剛健、どこかしら昭和の臭いがします。このモデル今でも生産され、この形なのです。

最良の使い心地であればモデルチェンジの必要なしですな。日本のメーカーも見習う

ところあり。儲け儲けの日本のメーカー、何とかならぬものか、・・・

このモーターなんか零戦ぽいところがある。
a0163159_23311355.jpg

ほらね。
ちなみに操縦席のところに立つ人・・・・・私の兄です。
a0163159_2328134.jpg

バルソン、パイプカット中です。・・・ゴゴゴゴゴゴゴ・・・メカノイズかなりうるさい!
a0163159_23314551.jpg

カット終了です。・・・12個のパーツを製作します。長いの1個はスペアです。あれ、耳おかしい。

しかし、質実剛健バルソン!切断面は超きれい!良い仕事してくれます。
a0163159_23321899.jpg

その後、治具を使いそれぞれの形に仕上げます。治具は、秘密です。後日公開?・・・
a0163159_23324320.jpg

本日ここまで。まだまだ作業はつづく・・・・バルソンしばらくおやすみです。
# by moriyamaeg | 2010-02-06 00:02 | マフラー編 | Trackback | Comments(5)

ベアリング交換 その2


本日は伊原です。


前回のホイールベアリング交換に続き、スイングアーム・リンクのオーバーホールです。今回は(も)GPZ900Rです。国内11Aさんの車両ですね。毎度ありがとうございます!


まずはバラします。NINJAはステッププレートでスイングアームとフレームを挟み込む構造なので、脱着が少し面倒ですね。
a0163159_20162019.jpg



a0163159_20233149.jpg外したらお掃除です!普段なかなか掃除できないところですので、しっかりとやります。ついでに、錆びてるところは磨いてペイントしておきましょう。うーん、きれいになった!










a0163159_20272037.jpg

サスリンクの全部品です。この車両は社外の車高調整キットが組まれてました。が!ピロボールの油膜切れでサスを動かすとギシギシ嫌な音がしていました。リンクまわりはサスの動きにも影響しますので、マメにメンテナンスしてやりましょう!
a0163159_20333484.jpg





a0163159_20435046.jpg
別の車両の画像ですが、参考までに。スイングアームピボットのシャフトですが、もの凄い錆びです!新車時はほぼドライで組まれてますので、湿気や雨が侵入するとこうなります。新車でもそのまま乗り回さずに、しっかりと分解・点検・給油をしてやりましょう。ちなみに、うちで買って頂いた車両は新車整備でやりますよー。

a0163159_2047613.jpg
こちらも別車両のサスリンクのスリーブです。グリスは劣化し、薄く付いている程度でしてので、錆と摩耗でひどい状態でした。





a0163159_20535994.jpg

今回の車両はベアリングとロッドエンドのグリス切れ、ボルトの摩耗がみられました。ロッドエンド、給油後はガタも無く動きもスムーズだったので再使用いたしましたが、他はボルトまで全て交換しました。

劣化に強く、極圧性能に優れたグリスをつかいましょう。グリスの善し悪しで動きがかわります!



a0163159_2122734.jpg

ニードルベアリングを圧入する際に使用する治具です。ボールベアリングよりも横幅が広く鋼板が薄い為、圧入には気をつかいます。しくじるとニードルが動かなくなります。スイングアームのベアリングも同様に交換してやりましょう。




a0163159_21104561.jpg

やっと組み上がりました!が、このあとセッティング・・・夜までかかったことは言うまでもありません。


今回はRサス(FG)のオーバーホールも行いました。作業はスクーデリアオクムラさんに依頼しました。分解画像も添付してもらえて信頼できますね!



Rサスのオーバーホールとリンク・スイングアームのオーバーホールの相乗効果で良く動くリヤになりました!ディメンションの変更もしましたが、あとはオーナーさんとご相談しながら詰めていきたいですね。
# by moriyamaeg | 2010-02-04 21:25 | 足廻り編 | Trackback | Comments(5)
今日、外は雪です。本日担当森山です。ブログ製作加工なかなか慣れずです。

工場の中に入ると・・・忍者、忍者、忍者・・・・
a0163159_0341866.jpg


横を見ると・・・忍者、忍者・・・
a0163159_0371559.jpg


やばい・・・ここは忍者屋敷!・・・となると拙者・・・まさかの曲者?


今日の作業は,GPZ400R用ワンオフチタンマフラー製作準備でござる。隣りはRGV250ガンマSP!
a0163159_0501528.jpg


この400忍者、エンジン以外、全て超フルメンテナンス済みです。先日のワンオフメインハーネスも

この忍者に装着。フルストックGPZ400Rです。唯一リヤサスのみ生産中止の為、社外品で

しかも特注品、なんとペンスキー!フルアジャスタブルサスペンション・・・すごい。

a0163159_29840.jpg


何年か前に・・・6年位だったかなー・・・レストア時、左側マフラーが生産中止の為、交換出来ずでした。

右側マフラーは新品だが、古い左側マフラーをオーナーずーっと気にしていたのです。

それで今回ノーマルやめてチタン手曲げワンオフマフラ製作となった次第です。

a0163159_2111243.jpg

いゃーそれにしても美しいGPZ400Rです。懐かしさと同時に欲しくなるバイクです。


たしか当時アッパーカウルも生産中止の為交換出来ず、オールペイントしました。純正と同じが

テーマでした。たった2枚のNinjaステッカーをリアルに作る為、印刷、シールの素材、色調全て注文

しましたね。当然ながら印刷なので版下代金もあります。世界一高いNinjaステッカーです。

でも世界一幸せなGPZ400Rだと思います。オーナーの忍者魂も世界一ですね。

a0163159_2135898.jpg


チタンマフラー、気合い入れて作りますぞ!!!製作の様子は、後日報告致します。お楽しみに。

a0163159_2235278.jpg

マフラー完成したらいよいよエンジンフルオーバーホールですね。・・・外観はあまりカスタムせずに

オリジナルをキープしていて欲しいですね。
# by moriyamaeg | 2010-02-02 02:35 | マフラー編 | Trackback | Comments(8)
モリヤマエンジニアリング代表森山です。


本日は、GPZ900R-A6,1989年式、ヨーロッパ仕様、フロント16インチ最終型,


最後のフルパワーで115psを9000rpmで発性し最高速度は250kmに達した、この


忍者に装着された京浜CVK34キャブレターのオーバーホールです。

a0163159_3441858.jpg


さすがに21年も経つとガタガタ・・・・・でござります。


今回だめなところはOリング系全て、フロート、フロートバルブ、スターターバルブ、パイロットスクリュー


スロージェット、メインジェット、ニードルジェット、その他・・・・経年劣化、腐食、摩耗、等々です。


大物ではスライドバルブ、キャブボディー、スロットルバルブシヤフト系の著しい摩耗・・・これはひどい


ガスタンクの錆びも混入しており・・・・・・キャブAssyで交換したい・・・新品だと20万円以上するし・・・


予算に合わせて、小物は全て新品とし大物は掃除してテストしてみます。シヤフト系のガタが致命傷で


セッティングがでず、また同調も取れずで、テスト不合格!・・世の中にある最後の一つなら直しますが。


a0163159_3465255.jpg



原因の大物パーツを交換するため、地下にストックしてあるパーツの宝の山から、程度良好のキャブを


ゲット!!!そして同じ作業をします・・・分解、清掃、点検測定等々。この時点でキャブ2基分の


オーバーホール工賃???結果を出すのが第一なので細かいことは気にしない!!


a0163159_355781.jpg



ドナーが優秀なので点検測定合格。すぐに新品パーツを不合格キャブから摘出して合格キャブに


移植、各部調整してから取り付け・・・・・うーん絶品、すこぶる調子よい!きになるカブリもなくなり


めでたし、めでたし、でした。


今回、ガスタンクは、ケミカル錆取り処理なので長くはないでしょう。やはり新品タンク早目に買って下さいね。


a0163159_351440.jpg



燃料系トラブルは、トータルメンテナンスなので高額となります、早い時期から対策すれば低額なのですが。


みんな、その事を知らずにバイクに乗ってます。調子が悪くなるまでノーメンテナンス必ず高額になります。



ノーマルキャブ直すぐらいならFCR!でも、せっかく買ったFCRもノーメンテだと同じ運命でしょう。





a0163159_3571310.jpg

この日二台目の作業です。国内A8忍者キャブAssyです。・・・オーバーフローでガソリンハンマー・・・やばいです。

a0163159_3594084.jpg

A8キャブ分解中。錆びだらけ・・・フロートの色こんなだっけ・・・もとは白色です。今日の作業はここまで、
明日は掃除、点検測定、部品発注です。何かとやることが多いのが、燃料系修理なのです。


燃料系トラブルもろもろ点検、修理致します!担当は森山です。


自分もFCR41パイか、TMR41パイが欲しい・・・・・自分は必ず短いスパンでメンテします。

あー、それより簡単で写りのよい電磁亀欲しいなー。携帯だと綺麗に写らないし・・・・

あっ、そうだ!誰かに買ってもらおう。
# by moriyamaeg | 2010-02-01 04:07 | キャブ編 | Trackback | Comments(6)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg