森山です。
F4iのつづきでござり・・・










a0163159_22552468.jpg

リアホイール系&リアブレーキ系のリフレッシュ作業開始でござる♪











a0163159_22572908.jpg
リアのアクスルシャフト・・・錆びてますなぁ。













a0163159_22571357.jpg

相手側のカラーも腐食進行・・・
アクスルシャフトがスムーズに抜けない原因となります。

カラーの端面&内面にはシールがござりませんので、
シャフト間に水や湿気が侵入いたし錆びる・・・
錆びないように錆対策でござる~♪














a0163159_22575567.jpg
ベアリング、シール、各ゴム部品です。












a0163159_22581173.jpg
リアドリブンフランジ(リアスプロケハブ)のベアリングを抜きまして・・・












a0163159_22590924.jpg
新たなベアリング&ダストシールへ交換完了っ♪














a0163159_22592964.jpg
リアホイールのダストシール&ベアリング交換いたし・・・












a0163159_23003795.jpg
ホイールダンパー(ハブダンパー)(クッションラバー)交換いたし・・・











a0163159_23000518.jpg
新たなリアタイヤでござります。













a0163159_23002319.jpg
・・・タイヤ交換いたしまして












a0163159_23005305.jpg
・・・リアホイール系のリフレッシュ無事完了~♪

リアブレーキディスクは・・・最近交換のもので程度良好です。
スプロケ&ドライブチェーンは・・・元気でござるので掃除&給油の遂行です。














a0163159_23013190.jpg

・・・車体装着いたし♪












a0163159_23015374.jpg

お次は、リアブレーキ系・その他のリフレッシュ作業でござりました♪














a0163159_23024965.jpg
LHペダル系メンテ・・・















a0163159_23035706.jpg
清掃いたし・・・新たなグリスをチャージ♪














a0163159_23041556.jpg
・・・定期作業項目ですな。















a0163159_23032248.jpg
RHペダル系メンテ&リアブレーキ系各部品交換でござる。














a0163159_23033829.jpg

ゴム部品・樹脂部品・金属部品・・・全て当時物でござり、劣化・腐食でござります。












a0163159_23051013.jpg

・・・全てリフレッシュでござる♪













a0163159_23052995.jpg
新たなリアブレーキマスターシリンダーAssy装着完了。









                                            



a0163159_23043279.jpg
新たなリアキャリパーAssyでござる。














a0163159_23045351.jpg
・・・装着完了♪














a0163159_23054682.jpg
社外のメッシュホースでしたが、純正新品のブレーキホースへ戻し・・・
フルード注入&エアー抜きいたし・・・
リア足廻りのリフレッシュ作業完成でござる♪110.png

フロント足廻り&フロントブレーキ同様、リアの足廻り&リアブレーキも
完調&ロングライフ仕様となりました♪

・・・つづく。





# by moriyamaeg | 2018-05-17 21:22 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
F4iのつづき・・・




a0163159_22460002.jpg
工場のジャンクボックスに落ちていたナットとボルトを・・・
溶接しただけの自作SST(特殊工具)♪
(ナットは対面19mmでボルトは17mm)

ゴミ同然の螺子も・・・時には立派な工具へと生まれ変わるのです。










a0163159_22461559.jpg
対面19mm側をセットカラー(ピボットアジャスティングボルト)の
六角穴に差し込みます♪
(フレーム側ピボット穴に雌ネジが切られ、セットカラー外周に雄ネジが切られ
ております。)
セットカラー外周のロックナットを締める際・・・
規定トルクで締めたセットカラーが・・・
回らないようにホールドいたすだけのSSTでござる。














a0163159_22463375.jpg

ロックナットレンチ(SST)を差し込みまして・・・













a0163159_22531634.jpg

自作SSTに17mmソケットを差し込んでホールドいたし、
ロックナットレンチにトルクレンチを差し込んで規定トルクで締め付けます♪

SSTは数が出ない為、シンプルな作りでも高額です。
買うより作った方が良い時もござれば・・・
作るより買った方が良い時もござります。

正直、1~2回しか使用していないSSTも多数ござります。
・・・車種専用SSTで・・・年月も流れ・・・車両もほぼ滅亡いたし
・・・そんなSSTは間違いなく鉄ゴミですなぁ~。
車種専用SSTは廃止いたして幅広く使えるSSTといたして欲しいものです。


















a0163159_22541456.jpg


その後も作業はつづき・・・スイングアーム系&リンク系の装着完了でした♪













a0163159_22535495.jpg
で、・・・リンクアームです。
リンクアームには前後の向きがござり・・・
向きを間違えないように刻印があります。

リアサスが異常に硬く沈み込まなかった原因と
リアの車高が高くなっていた原因は・・・
人為的な作業ミスでござり・・・
この部品を前後逆に組んであったからなのです!
(逆組だと、レバー比がとんでもない数値となりますからなぁ。)
















a0163159_22543147.jpg
オーバーホール完了のリアショック装着~♪

リンクアームの逆組でガチガチでしたのでリアショックは全抜きでござりました。
プリロード・・・標準値に調整します。

















a0163159_22550888.jpg
伸び側ダンパーも・・・















a0163159_22545163.jpg
圧側ダンパーも・・・標準値に調整します。
「これにて完調でござる♪」














a0163159_22555365.jpg

お次は、
リアホイール系&リアブレーキ系のリフレッシュ作業でござります。

つづく・・・



# by moriyamaeg | 2018-05-15 20:25 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。

CBR600F4i・・・リフレッシュ作業のつづき。






a0163159_22495130.jpg
リア足廻り分解・・・今がチャンスで大掃除でした♪












a0163159_22502459.jpg
リアショックオーバーホール&
サスリンク系メンテナンスでござり・・・














a0163159_22504536.jpg
スイングアーム系・サスリンク系・リアショック系の
全作業完了♪













a0163159_22521261.jpg
で、
サスリンク系の
旧、固定ボルト&ナット・・・













a0163159_22530026.jpg
・・・ナメまくりでござりました。
141.png「誰だぁ~。」

ネジの頭と工具がしっかりと勘合いたし適正角度&力で回す事は最重要でござります。
締める緩めるばかりを考えて・・・ただただ工具に力をかけてはダメ・・・
(工具の力点とネジの頭の作用点は殆どの場合オフセットしておるので工具は必ず逃げる
・・・工具が逃げない方向にも力をかけて回す力を加えるべし!)
インパクトレンチで何も考えずただただ回すのも危険でござる。
差し込んだ工具をしっかり固定していない・・・
工具サイズが違う・・・使用する工具の選択が悪い・・・
オーバートルクやネジの固着・・・摩耗したポンコツ工具・・・
既に摩耗していたネジの頭・・・工具の差込みが浅い・・・
工具が斜め・・・その他・・・でのナメでござる。
ナメた瞬間に工具が外れ大怪我いたす事もあるので要注意ですぞ。
















a0163159_22514238.jpg
で、・・・新たなボルト&ナットに交換いたします♪













a0163159_22531634.jpg
スイングアームの組み付けでござる。
アルミフレームにスイングアームをセットいたし・・・
シャフト通して芯だしいたし・・・
フレーム右側にあるセットカラー(ピボットアジャスティングボルト)(カラー外周に雄ねじがござりフレーム側に雌ネジがござる。)
を規定トルク(数値的には弱いトルクです。)で締めますと
チエーン側(基準)へ押されて隙間ゼロ(ややプラステンション)となります。
その後、セットカラーが回転しないようにホールドしつつ
セットカラー外側外周にあるロックナット(リングナット)を規定トルク(強いトルクです。)
で締めます。

ピボットアジャスティングボルトは左右にござり
詳しい調整方法はサービスマニュアル記載されてます。

バルブクリアランス調整時のアジャストスクリューとロックナットの関係と同じでござる。
その後スイングアームピポットシャフト(ボルト)を通しピポットナットを規定トルクで締めます。
これにてスイングアームとフレーム間がベストな状態で組み上がるのでござる。











a0163159_22460002.jpg
で、
「釜爺」のように腕が6本あれば・・・最高に便利なのですが・・・
拙者2本でござります。
腕が足りない時は誰か呼んで腕を増やしますが・・・
誰もいなけりゃ2本の腕と足でなんとかなるように工夫でござります。

・・・つづく。








# by moriyamaeg | 2018-05-13 21:25 | 整備編 | Trackback | Comments(0)

森山です。
CBR600F4iのつづき。
フロント足廻り&フロントブレーキ系のリフレッシュ作業完成いたし・・・



a0163159_22452754.jpg
お次は、リア足廻り&リアブレーキ系のリフレッシュ作業でござる♪

リアのサスペンション系が超硬く(リジットじゃなかろうか)乗車いたしても全く沈まず
作動性は最悪でござり(完全に壊れておる・・・)全てのギャップで超跳ねまくりです。
また、サスが入らない分の車高アップだけでなくさらに車高が高いのです。
&フロントフォークの突出し量過大もござり・・・危なくて乗る気がしません。
・・・こうなった原因は、全て人為的な整備ミスでござりました。













a0163159_22470718.jpg
各部分解点検&測定いたしまして
必要部品を注文っ♪













a0163159_22472335.jpg
必要部品が入荷いたし作業再開~♪
リアショックAssyも新品交換したかったのですが・・・販売終了。
オーバーホールにて対処です。

















a0163159_22475182.jpg
スイングアームのメンテでござり・・・
ベアリング・スリーブ・ダストシール・その他の交換でござる。













a0163159_22480863.jpg
ベアリング抜きまして・・・












a0163159_22482686.jpg
新たなベアリングを装着いたします。













a0163159_22484410.jpg
ニードルベアリングの圧入完了♪
・・・スイングアーム縦方向の荷重(ラジアル荷重)を受けとめております。













a0163159_22492020.jpg
ボールベアリング圧入完了♪
・・・ラジアル方向の荷重も受けとめますが・・・
スイングアーム横方向の荷重(スラスト荷重)を受けとめるために
装着されております。











a0163159_22493679.jpg
スイングアーム上方にあるベアリング・スリーブ・ダストシールも交換っ♪
・・・サスリンク系のべリングでござります。


つづく。












# by moriyamaeg | 2018-05-12 00:25 | 整備編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg